スタッフブログ

blog_main05

②目標とは・・・パート2

つくばの進学塾「竹進」の数学・理科・算数担当の田口です。


目標についてもう1つアップしてみましょう。

同じネタで引っ張ろうなんてことは考えてないですよ?


きっと考えてないですよ?


たぶん考えてなくもないですよ。


まず、目標を書いただけでは間違いなく達成できません。

それについてもう少し補足してみましょう。


1)目標は具体的ではならない。数値・期限などを入れるとよい。

× 『頑張る』『きちんとやる』

〇 『偏差値を10上げる』『クラスを上がる』


いざ、目標を振り返ってみたとき、夏休みが終わったときなどに

自分自身がこの目標を達成できているのか、また、周りの人が達成できた

かどうかの判断ができるようにするためです。

頑張るって日頃頑張ってないのかな?って思わなくもないからです。


2)目の届く範囲に常に置く

残念ながら書いたものを忘れてしまうのが人間です。

なので、忘れないようにする必要があります。

だから、目の届く範囲に置くべきです。

できればどこかに貼ったほうがいいでしょう。

そして、それを毎日見るのです。

見る時間をつくり、確認しましょう。


3)他人と目標を共有する

当然、今書いてある目標は低くはありませんよね?

だから、他人(先生・塾・両親・友達)に共有しておくといいと思います。

苦しいとき・つらいときに後戻りできないですからね?