スタッフブログ

blog_main05

「浮世の夢は暁の空」④

つくばの進学塾「竹進」の社会科講師の山口です。

「浮世の夢は暁の空」③の続きです


家康は馬術・武術・剣術・砲術の達人で、絶えず鍛錬に励み、

早起きをし、節食を心がけ(麦めし、実だくさんのみそ汁、

丸干しイワシなどを常食、これらにはビタミンB・E、食物繊維、

イソフラボン、レシチン、サポニン、DHA、EPAなどが豊富に

含まれています。)75歳で天寿を全うしていますね。


当時の平均寿命は37歳ぐらいだとか。

いかに長寿であったのかがわかりますね。


水戸徳川家が家康から譲り受けた「烏犀園」という薬壺が

展示されていました。中にはペースト状の薬が入っているようです。


健康には充分に気をつかい、合戦に行く時も薬の専門書を携え、

暇さえあれば読んで研究していたとか。

100種類以上の薬を調合し、自らも常用、大名や家臣にも

分け与えていたと言われます。


やはり苦労人、部下の健康にも思いやることができるのですね。


「浮世の夢は暁の空」⑤に続きます