スタッフブログ

blog_main02

「白虎隊なんて知らないよ!」なんて言わないでね!

つくばの進学塾「竹進」の社会科主任の山口です。


「飯沼さんは、生きのこったことでまわりから批判されることも多く、
さぞかし、生きづらかったことでしょう。」


「会津戦争のとき、飯盛山で自刃した20人の白虎隊士中、
唯一人蘇生した飯沼少年は、成人後に逓信省のお役人として
余生を全うされたそうですが、どのような思いで生きていらっしゃった
のでしょうね?」  



この私の問いに、鶴ヶ城のガイドさんが、上記のように回答して
下さいました。


会津戦争や白虎隊の悲劇を全く知らない若者が多くなっています。
同年代の生徒達は、ゲーム・スポーツ・受験勉強に暇がありません。  

しかし、白虎隊の少年達は、無念の思いを胸に、会津藩と、

運命を共にし、散っていきました。
遊びも学問も、そして恋もしたかったでしょう!  


内戦は絶対にしてはいけません。歴史を覆すことは不可能ですが、
回避する方法はなかったものでしょうか。


年少を以て、除隊をしたものの、白虎隊の中からは、山川健次郎氏
のように、物理学者・東大・京大などの総長として、輝かしい業績を
のこした人物も輩出していますが、前途を期待された多くの逸材を
失ってしまいました。至極残念なことです。  


大型連休も間近になりました。
竹進の社員旅行は、会津藩の壮絶で過酷な運命を辿る旅と
なりそうです。


泉下に在る白虎隊の皆さん、若い人たちをいつまでも見守って下さいね。


CCF201404081


CCF201404082


CCF201404084