スタッフブログ

blog_main01

ことばの学校の本棚

つくばの進学塾「竹進」の事務の村上です。


前回のブログでも書きましたが、竹進では、「ことばの学校」という

新しい講座がスタートしています。


今日は、どんな本が本棚に並んでいるか、紹介したいと思います^^


まずはAグレードでは、

「あらしの夜」に、などの良質な絵本や、「こまったさんのスパゲティ」、

「まじょ子のおしゃれプリンセス」などのシリーズもの、…

文章が短めで、挿絵も多いものが多いです。

低学年の子にも親しみやすいような本がたくさん並んでいます。


つぎにBグレードです。

Aグレードよりは少し本が長くなってきます。

「おしいれの冒険」、「王様レストラン」、など昔から人気のある本や、

「せすじゾクゾクようかいばなし」などのちょっと気になる本、

「三銃士」、「名犬ラッシー」などの世界の名作を、読みやすい内容に

したものなどが様々に並んでいます。


C・Dのグレードはどうでしょう。

一冊当たり200ページくらいの本が多くなってきます。

内容も、小学校中学年以上程度が目安になってきます。


男子に人気のある「ズッコケ三人組」「キャプテンはつらいぜ」のシリーズや、

女子に人気のある「若おかみは小学生!」のシリーズ、伊達正宗、織田信長、

ナイチンゲールなどの伝記物、「清水義範のイッキによめる!学校よりおもしろい社会」、

「オズの魔法使い」「クゥと河童大王」「魔女の宅急便」「そんごくう」

「モチモチの木」など、これまた本当に様々な本が並んでいます。


最後にE・Fのグレードです。

大人が読んでも楽しめるような本が多くなってきます。

本来は中・高生~大人を対象として書かれた作品でも、中学入試に頻出している作品が

多くあり、それらの中学入試頻出作品が多数揃っています。


前回も書きましたが、「ことばの学校」は、朗読の音声を聞きながら自分で読書をする

スタイルなので、本を自分だけで読むのに比べると、とても少ない負担で本が

たくさん読めます。そして読書を楽しみながら、語彙を増やす小テストを間に挟むことで

自然に語彙も増え、色々なジャンルの本から自然に知識が身についたり、様々な世界観

に触れることができるのが大きなメリットです。


ご興味を持たれた方はぜひ、見学にいらしてください^^

お待ちしております!