スタッフブログ

blog_main01

シリーズ「この旋律がすき!(1)~マニアックな話です」

つくばの進学塾「竹進」の英語科の牧原です。


今回もマニアックな話です。
ムソルグスキー:ラヴェル編曲 展覧会の絵:プロムナード
(でも、トランペット・ソロの後のヴァイオリンの旋律)
編曲者ラヴェルの才能に驚愕の一曲です。

友人の遺作展の発想からこの曲を書いたムソルグスキーもすごいですが、
やっぱり、音に色を付ける天才ラヴェルの方を激賞してしまう小生です。

トランペット泣かせのソロの後、ヴァイオリンの旋律が始まりますが、
まさにその瞬間、宇宙の深遠さを感じてしまうのです。
うーん、(ムソルグスキーには悪いですが)やっぱりラヴェル天才!!