スタッフブログ

blog_main01

タヌキあらわる②

つくばの進学塾「竹進」の英語科の牧原です。

たぬきあらわる①の続きです。

2012年10月。
ここは、つくばセンターにある、某若者向け衣料品店。
私は若者ではないが、コートの代わりになるパーカーを買いに やってきた。

私「お、これ安っ!これに決めた。色、どれが似合いそう?」
友人「ネイビーかな…」
わたしは、Lサイズのパーカーをとって、試着室へと向かった。
どうぞ、試着してみてください、という店員の言葉に、
気分もよく 試着室へと向かう私。
悲劇はそこで起こった。

パーカーを試着し、自慢げに友人と店員に 見せる私。
友人「げっ、タヌキ。」
店員B「(げっ、タヌキ。)じゃ、じゃ、じゃ、ジャストフィットで ございまーす。
もう一つ上のサイズ、ございますが。」

おい、ジャストフィットなのに、もう一つ上のサイズ勧めるとは、
どういうことだ!
と思いつつも、寛容な私は何も言わなかったが、
店員が試着室から出てきた私を見たとたん、
国語の辞書の定義通りの 意味で、「目が点になった」のを
見逃しはしなかった。

私「いや、これで…」
友人「あ、XLお願いします」
その友人の一言で、わたしは、店内でトップスプリンターなみに
ダッシュする店員の姿を生まれて初めてみることとなった。

私「Lでよかったのに」
友人「ちょっとは店員の気持ち推し量れよ。」
すばらしいダッシュ・アンド・ターンで戻ってきた店員。
その手には、ネイビーのXLサイズのパーカーが。

再度試着して試着室から出た私。
私「あの~、ちょっと大きいんじゃないですかねー、これ~。」
友人+店員B「わあ、ぴったり!!!お買い上げ、
ありがとう ございます」

それにしても、この店の店員AとB、なんで同じリアクションするんだ。
と思いつつも、Lサイズの方のパーカーは、
思いっきり引き延ばして から、日光へ着ていきました。