スタッフブログ

blog_main01

テストの問題に慣れる②

つくばの進学塾「竹進」の英語科の鈴木です。

テストの問題に慣れる①の続きです


僕のほうはというと、毎日のようにTOEICの問題集を使って、英文を読み、

CDを聞き、ディクテーションしたり、シャドーイングしたり、頻出単語を

例文ごと覚えたりして、まるでアメリカのボクシング映画のワンシーン

みたいな日々を重ねていました。


ときには夜勤のバイトや友達との飲み会で疲れて、勉強をサボってしまおう

かなという時もありましたが、負けられない決戦に向けてなんとか踏ん張り

ました。そんなことがあっての勝利。報酬としておごってもらった学食の

ごはんが信じられないほど美味でした。


さて、英語力では足元にも及ばなかった僕が勝てた理由は、ひとつしか

ありません。TOEICの対策をしたことです。


テストには毎回、同じような形式の、同じようなレベルの問題が出ます。

対策をすればするほど、そのテストに慣れれば慣れるほど、点数は

取りやすくなるのです。

同じ問題だろうが、答えを覚えていようが、関係ありません。


僕はTOEICのリスニングのスクリプトを暗唱したり、英文を書き写して

覚えこんだりもしました。「答えを覚えていたら解く意味がない」

と思われがちだけど、「答えを覚えたくらいじゃ解いたうちに入らない」

というのが僕の思うことです。


終わりになりますが、先日、僕とTOEICで勝負したその同級生が結婚しました。

僕のほうはというと、まだ独身生活を満喫しています。

別に悔しくなんかないですよ…。