スタッフブログ

blog_main04

ハンサムウーマンは、この地で育ったのですね!①

つくばの進学塾「竹進」の社会科主任の山口です。



「この街には、何と凛とした空気が漂っているのだろう!」


昨年、赤瓦に葺き替えられた若松城(現在、唯一の赤瓦の城)を
観に行き、投宿したホテルの天空に浮かぶ露天風呂から、
会津若松の夜の街を見下ろした時に感じました。


戊辰戦争中、最も凄絶な戦いとなった会津戦争で、
犠牲となった婦女子を含む多くの人々の魂が、
会津の街を今も見守っているのでしょう! 



会津若松は私の大好きな街で何度も訪れていますが、
この度は、今月初旬に叔母を伴い、来年の社員旅行の下見を兼ね、
英気を養うために、I馬君を操って行って来ました。


保科正之〈江戸幕府3代将軍徳川家光の異母弟、4代家綱を補佐し、
幕政に参与、名君と謳われた。〉を祖とし、松平容保を最後の藩主
とする、会津藩全体を貫く精神は何なのでしょう? 

そう思い、雨天だったこともあり、会津武家屋敷と藩校日新館に
的を絞って見学しました。


0501



 0861


0691


ハンサムウーマンは、この地で育ったのですね!②に続きます