スタッフブログ

blog_main01

ロビンソン・クルーソーなディレンマ

つくばの進学塾「竹進」の副塾長の牧原です。


まだ殻をつけた蝉が、光に向ってゆっくり進んでいく姿、

わたしは、今年の夏のはじめ、竹進からの帰り道の公園で、

見てしまったのでした。


普通に神々しかった。

踏まれずに、飛びたてるようにと、一心に願いました。


そうすると、未熟な小生は、蝉のことがそれ以来気になって

仕方ないのです。

深夜のウォーキングのときに通る公園、なぜか殻をつけた蝉

がたくさん、人が通る道を歩いています。

「おい、すぐそばに木があるのに、なんでそこ通るかな~」

案の定、多く踏みつぶされた跡が…。


殻をつけた蝉はよくひっくり返っています。

小生の深夜のウォーキングは今や、その蝉をもとにもどしたり、

木にしがみつかせたりの作業と化しています。(他の虫や動物に

食べられるのならともかく、すでに自然から遠ざかった人間に

踏まれるのが耐えられない)


何でそんなことするのか。

Altruism?――いや、もっと人間特有のsubjectiveな感情。

じゃぁ、ethic?――いや、そんな仰々しいものでは…


ロビンソン・クルーソーは、漂流中、本来食糧となるはずのけが

をしたヤギの治療をしましたが、(それがethicのはじまりの感情

だと分析されたとしても)、じゃぁ、ほかのヤギは食べていいのか、

というディレンマはあったはずです。


小生は蝉はたべませんが(www)、知る人ぞ知る超肉食で、

自分の行動の一貫性のなさに、ただ笑ってしまいます(昨日も、

ピザパーティー、焼肉パーティーで大盛り上がりしていました:

肉が大好きだったKing牧師が小生のディレンマの救いですw)。


※友人は「みてて気持ちが悪くなるほど」、小生が肉を食べている

と証言し、高校生は、「私を焼肉にするとおいしそう」といって

いました。


今も竹進から聞こえる蝉の鳴き声を聞いて、なんだか嬉しい

(楽しいのではなく、喜びの感情)気持ちでいっぱいです。今夜も、

(もう何度もやめようと思っていますが)ひっくり返った蝉をみたら、

また「救出」しちゃいそうです。


mushi_aburazemi