スタッフブログ

blog_main05

国立歴史民俗博物館①

つくばの進学塾「竹進」の塾長の渡部です。


先日、佐倉市の国立歴史民俗博物館(歴博)に行ってきた。

展示室は、第1から第6まであるのだが、4時間位かけても第1、

第2展示室しか廻れない。

それ位規模が大きい。


中世の洛中洛外図屏風と、京都の再現模型があった。

軒先に旧形状のものを飾っている家があったので、学芸員さんに

質問すると、酒屋で新酒が、できあがったことを知らせる杉玉

だとのことであった。

現代でも飾っている造り酒屋が、あるとのことであった。


歴博では、学芸員さんが多い。

ちょっとした事でも疑問に思うとどんどん質問する。

人に教える仕事をしていると、人から教えてもらう経験は、

とても貴重で新鮮だ。

質問した学芸員さんは、とても親切に教えてくれる。


私達も、生徒に質問されるととてもうれしいのだが、学芸員さん

も質問されるととてもうれしそうに話してくれる。

知識が増えるだけでなく、心がほっこりする。


国立歴史民俗博物館②に続きます