スタッフブログ

blog_main04

奇蹟はなかなか起こらない

つくばの進学塾「竹進」の塾長の渡部です。


いよいよ受験の季節がやってきた。

毎年のことだが、進路指導は難しい。


生徒の希望する高校に合格して、生徒の喜ぶ顔が見たい。

合格する力がついていれば応援するだけで良いのだが、
残念なことに合格する力がついていない生徒には、
現状をきちんと説明して、志望校を再考するように説得する。


しかし、かなりの生徒は、私立高校が合格しているので、
記念受験で良いとそのまま受験して不合格になる。


私達はプロなので、合格が難しいなと分析した生徒が
合格することはめったにない。
奇蹟はなかなか起こらないのだ。


逆に大丈夫だと分析した生徒が不合格になることがある。
その原因の大半は、体調不良と字が汚いである。