スタッフブログ

blog_main01

水族館の深海魚

つくばの進学塾「竹進」の事務の村上です。


こんにちは。

先日、はじめてアクアワールド大洗水族館に行ってきました。


建物の中外から太平洋が見渡せる素晴らしい立地で、

とても開放的で気持ちのいい水族館でした。

イルカ、ペンギン、サメ、イワシの大群など楽しく見て回りました。


ところで、前々から疑問に思っていたのですが、水族館では

深海魚の水槽がありますよね。

いったいどうやって高い水圧をかけているんだろう、と思っていた

のですが、実は普通の水槽と同じ水圧だったんですね。


恥ずかしい話ですが、長い間、私は、深海魚は高い水圧の

中でしか生きられないものだと思い込んでいました。


調べてみると、ひとくくりに深海魚と言っても色んな種類がいて、

餌を探す時や産卵の時などには浅い所まで移動してくる種類の

深海魚は、もともと幅広い水圧に対応できる体の構造になっている。

そういった種類のものを選び、さらに、

それをゆっくりと低い水圧に慣らして、普通の水圧の水槽へ入れる、

ということだったようです。


長年の思い込みが晴れて、すっきりです。