スタッフブログ

blog_main04

浮世絵動物園

つくばの進学塾「竹進」の塾長補佐の別府です。


浮世絵専門の太田記念美術館で、「浮世絵動物園」という夢のような

展示を見てきました。
擬人化された愛らしい兎や猫、歌舞伎役者の衣装の中の蝙蝠(こうもり)、

などなど、満喫して参りました。


写真のチラシ左側は、これが見たくて行ったのですが、歌川芳虎

「家内安全ヲ守 十二支之図」。十二支すべて入っているというなんとも

めでたい一枚です。


beppu1


どこがどの動物か分かりますか?足の先までよく見ましょう。


もう一枚の写真は歌川広重の「月に兎」、今回の企画では前期に

展示されていたもので、その絵葉書です。
数年前にこの美術館で初めて見てから大好きな浮世絵です。


beppu2


この兎!この色づかい!最高です!


歌川広重で「月に兎」というと、「月夜木賊(とくさ)に兎」という

もっと知られている作品があって出版物に載っているのはこちらの方です。
それでこの写真の方の「月に兎」は、広重のムックなど見るたびに探す

のですが、見つかりません。
展覧会でも、この美術館でしか見たことがないのです。

団扇絵(うちわえ:その名の通りうちわにはって使う)だから実用品なので、
残らないから?数が少ないのでしょうか。


または、浮世絵と言ってイメージするものとは雰囲気が違うから?
でも、現代でも通用する素敵さだと思いませんか?
この団扇で夕涼みしたいものです。