スタッフブログ

blog_main01

理科・社会の大切さ

つくばの進学塾「竹進」の塾長の渡部です。


「理科・社会は暗記科目だから、入試直前に勉強すれば間に合う」

というイメージがあるかもしれません。

しかし思うように伸びなくて苦しむ人が毎年います。

なぜそうなるのでしょうか。


理科・社会で勉強しなければいけない内容は、皆さんが思う以上

に厚みがあります。

3年生の1年間で新しく習うこともたくさんあり、苦手の克服を

後回しにすると、そのための時間はどんどんなくなっていきます。


入試問題には、各分野の単発の知識として分かった上で、他の分野の

総合的な知識もふまえて考えないと解けない問題があります。

知識として分かっていることは前提で、思考力が問われるのです。


ですから、入試直前まで理科・社会の成績を伸ばすには、今苦手な

分野を克服しておくことがとても大切です。