スタッフブログ

blog_main05

語学の訓練ってスポーツと似ています②

つくばの進学塾「竹進」の英語科の鈴木です。


語学の訓練ってスポーツと似ています①の続きです


そんな経験から常々思うのですが、語学の訓練ってスポーツと似ています。

僕も学生時代に野球やテニスをしましたが、ハードな練習や厳しい試合の

あとは、いつもぐったりしていました。

そして、ぐったりしながら何を考えていたかというと、自分の動きが

どうだったか、あのとき違う動きをしていたらどうだったか、というような

反省なんですよね。


baseball_batter


別に考えたくてやっているわけではなく、頭のなかに自然と浮かんで

くるのです。まあ、たいてい失敗した点ばかりなのですが、もしまた

同じような場面に出くわしたらこうしようという答えが自分なりに出せている

ので、決してネガティブな作業ではないと思います。


とまあ、こんな具合で、上達したいのだったら地道に頑張るしかないんです

よね。「見るだけで野球が上手になるDVD」なんて存在しないし、

「聞くだけで英語がわかるようになるCD」なんてのもきっとないでしょう。


僕はこれまで英語をやってきましたが、自分の不自由な英語能力にイライラ

することばかりでしたし、今でも毎日のように「もうちょっと上手く

ならねえかなあ」と思っています。

そんな上手くできない自分にイラつきながらも英語を続けているのには

何かワケがあるのでしょうが、今のところよくわかりません。


次のTOEICは6月です。飽きずにまた受けてきます。