スタッフブログ

blog_main01

雨の日の怖い話

つくばの進学塾「竹進」の事務の藤原です。


あの夏の暑さが嘘のように冷たい雨が降る日が増えましたが、

皆さんいかがお過ごしでしょうか。


私は先日、雨の中スマホを落としました。

雨の夜道を疲労困憊で家に帰り着き、ホッとして一息ついて

スマホを充電しようとしてないことに気づいたあの絶望感たるや!


「いやいやまさかまさか」と上着のポケット・バッグの奥底を3回探り、

無意味に部屋の中をグルグル回りましたが、まあ、ないものはない。

ここでやっと「スマホを探す」機能を思い出し、震える手でパソコン

からログインすると、最寄り駅近くの地図が表示されました。


濡れたままの雨具を再びまとって来た道を戻り、表示されたあたりを

ウロウロすると、幸いすぐ見つかりました。

しかし当然のことながらビッショビショに濡れています。

防水機能のない機種なので死んでしまったかもしれません。

タオルでよく拭いて電源を入れると無事にいつもの画面が!

(本当は濡れたスマホの電源はすぐ入れてはいけません。中でショート

する場合があります。でもそんなこと思いつかなかった…)


一件落着はしたものの、こんな濡れただけで死にかねない小さなものに

常日頃頼っているのかと思うと、なんだか恐ろしい気もしますね!


smartphone