スタッフブログ

blog_main05

読書の春

つくばの進学塾「竹進」の国語科の別府です。


「読書の秋」と言われますが、私は春の読書が好きです。
何かと一新する季節で、新しいものを取り入れる心の準備ができているので、
読書にも向いていると思います。

生徒さんに好きな作家を聞くと、「東野圭吾」との答えがけっこう上がります。
わたしもミステリーは好きですが、本の世界に引き込まれ過ぎ、
読後もなかなか日常世界に帰ってこられないのが困るところです。
東野圭吾さんの作品などは危険度最大です。
「容疑者Xの献身」読後は、泳いだ後のように消耗しました。

そんなわけで、職業柄、秋からはミステリーを読むのは避け、
TVの「相棒」シリーズで我慢していましたが、県立入試が終わったので晴れて解禁!

今は桜庭一樹さんを読み始めたところです。幸せです。
読書は特に好きではなくても、ミステリーなら最後まで読めるという人
は多いのではないでしょうか。

個人的には、国語の読解問題にもいいと思います。
「犯人は誰か。その根拠も述べよ」で論理力も鍛えられますよね。
国語を好きになってくれる人も増えるのではないかと・・・。