スタッフブログ

blog_main01

シーズン到来

つくばの進学塾「竹進」の事務の藤原です。


時に冷える日もありますが、ずいぶんと暖かい日が増えてきました。

春は何をするにもよい季節ですが、花粉症の人にはつらい季節です。

ここ数年「もしかして…」と思いつつ、症状が軽いこともあり

病院には行かずにいます。


周りの花粉症患者たちには「認めようよ!仲間になろうよ!」と

さかんに勧誘?されますが、認めたら悪化しそうで認められずにいます

(そのような事実はありません)。


鼻水と咳が出る…でも元々季節の変わり目には風邪をひきやすいし、

治りにくいし…目がもぞもぞする…ドライアイ気味だし…

と自分をごまかす日々です。


アレルギーは根性でどうにかなる問題ではないので、よい子の皆さんは

あやしいと思ったら早めに診察を受けましょうね!




illust1597

開花宣言

つくばの進学塾「竹進」の塾長の渡部です。


今日(3月24日)は、茨城県で桜の開花宣言が出る日ということなので

久しぶりに自転車で筑波山まで行ってきた。

自転車が実用的なママチャリで重いので、以前のように短時間では

行けなくなり、ゆっくり行くと75分もかかってしまった。


そこから「つくば道」を歩いて筑波山神社にお参りし、

今年の中学入試・高校入試・大学入試のお礼をしてきた。

もちろん、神頼みだけで良い結果が出るわけがないことは

百も承知だが、無事に今年の受験生を送りだすことが出来たのは、

誠にありがたいことであった。


肝心の桜は全体としては、これからという段階で、蕾がふくらんで

今にも咲きそうなものやらまだまだ先だなと思われるものもあった。

しかし何本かは完全に咲いているものもあり、桜の種類によっても

また、同じ種類であっても桜1本1本に個性があるものだなあ、

と感慨深いものであった。


sakura

素晴らしい出会いが皆様にありますように

竹進に、新たに数学科講師として入りました鈴木です。

今後ともよろしくお願いいたします。


ついこの間まで寒いと思っていたら、あっという間に暖かくなってきました。

高知ではもう桜も咲いているようで、春の訪れを感じます。

先日ニュースで今年の“FUJI ROCK FESTIVAL“にボブ・ディランが

出演するニュースを見ました。


私はあまりボブ・ディランの曲を知っている訳では無いのですが、

The times, they are a-changin’という曲がとても好きで、学生時代に

よく聴いていました。


実はこの曲ウォッチメンという映画の挿入歌として使われており、

時代が変わっていくというシーンで流れるのですが、良い曲は時代が

変わっても愛され続けるのだなあと思ったものです。


進学やクラス替えで新たな出会いがありますが、時代が変わっても

変わらないような、素晴らしい出会いが皆様にありますように。



shingakki_kousya

受験お疲れ様でした!

つくばの進学塾「竹進」事務の谷澤です。


3月に入りました。

受験生の皆様は、受験勉強・受験大変お疲れ様でした。

勉強の成果がきっちり出せて思うように結果が出た人、

そうでなかった人…様々だと思います。


結果が出た人はその結果だけに満足することなく、更なる困難が

来たとき乗り越えられるように準備をばっちりしていて下さいね。


思うような結果が出なかった人も、それだけがすべてではありません。

ずっと落ち込んだりせず、気持ちを切り替えて4月からの準備を

しっかりして次の壁に備えましょう!


これから受験を直前に控えている方も居ますね。

ここまで来たら自分がこれまで頑張ってきたことを信じて、

当日まで体調に気を付けて下さい!


健闘を祈っています!

素因数分解

つくばの進学塾「竹進」の塾長の渡部です。


今年も中3の県立高校入試の日(3月6日)に、職員が手分けして

各高校に応援に出かけた。


毎年この日を迎えると「果たして、生徒達にベストの指導が

できただろうか」と心の中で問いかける自分がいる。

最後まで、志望校になかなか届かなかった生徒には、もっと

厳しく指導すれば良かったのかなと、何かしらいつも後悔する。


私自身は、土浦一校の入試応援に行ってきた。

県立高校の入試日にしては、暖かい予想だったが、曇っていて

太陽が出てなく、結構寒かった。

風も強く手がかじかんでしまったが、生徒たちに用意したカイロ

が役に立った。

生徒達にはいつも言っている「手を暖めておけよ。」と声かけ

しながら送り出した。


生徒の受験番号を確認して、受験番号をその場で素因数分解して

あげることにしている。2けたや3けただと素因数分解は簡単だが、

竹高の4けたになるとなかなかキツイ。

私が素因数分解をしてあげた生徒は合格するというジンクスがあるので、

毎年行うことにしている。


thumbnail_number