スタッフブログ

blog_main01

アイスコーヒーが欠かせません

つくばの進学塾「竹進」の国語担当稲川です。


毎日暑いですね。

この時期はアイスコーヒーが欠かせません。

普段は水筒に氷を入れて持参し、パックのアイスコーヒーを

注いで飲んでいます。

が、香りというか風味というか・・・。


何か足りないのです。

やはり、おいしいアイスコーヒーというものは違います。

今のところ、近場で手に入るおいしいコーヒーは、セブン

イレブンでしょうか。

モスバーガーのアイスコーヒーもかなり気に入っています。


他にも情報があれば教えていただきたいです。


thumbnail_coffee

なかなかお高くついて・・・

つくばの進学塾「竹進」の国語担当稲川です。


猫も贅沢になるものです。

毎日のキャットフードをちょっと高いものに変えました。

食べ残すことが多くなったからです。


はじめのうちは奪いあって食べていた奴らですが、

しばらく経つとまた食べなくなるのです。

二匹が示し合わせたように…。


仕方なくまたちょっと高いものを買う…のくり返しで、

なかなかお高くついて困っております。


illustrain10-neko08-150x150

評価テスト

つくばの進学塾「竹進」の国語担当稲川です。


10月の評価テストがはじまりました。

※評価テストは、年に7~8回、月初めに行う塾内(クラス内)テストです。


授業後の生徒たちの話題はやはりテストの出来具合。

思ったよりできた!と前向きな子がいる一方で、できなかった問題の数を

数えて不安を口にする子も多いようです。


心の持ち方としては前者が好ましいようにも感じますが、その後

「できた気になって」レポートの直しで手を抜いてしまったり、

「この科目は苦手だしこれくらいでいいか…」とあきらめてしまったり

では、双方せっかくの「情報」が生かせていません。


今の自分に必要な勉強が、テストの点数や手ごたえで見えたところでしょう?

早速、直しに取り組み、100点満点にしておきましょう。

4000人

つくばの進学塾「竹進」の国語担当稲川です。

東京都美術館の「若冲展」に行ってきました。


yjimage


前評判通り、ものすごい行列で、午前8時過ぎには

すでに4000人が並んでいるとか・・・。


結局、入場するまでに3時間半を要したのですが、

今までの人生で最も長く立って待つということをした

ように思います。

今度は、240分待ちのアトラクションにも挑戦できそう

な気がしてきました。

鼻がむずむず

つくばの進学塾「竹進」の国語担当稲川です。


鼻がむずむずします。毎年のことですが、まだまだ寒いのに

春の不快症状は既にやってきたようです。


こうなるとマスクが手放せません。耳が痛くならない、

化粧が崩れにくい…など、いろいろな便利マスクがあるものですが、

某テーマパークにて、口元のイラスト入りマスクを見ました。


口元だけなので、何のキャラクターなのかよくわからないのですが、

おそらく2人組(2匹組?)のリスのキャラクターかと思われます。


薄いベージュ地のマスクだったせいでしょうか、そのマスクを

つけた人とすれ違うたびに目が釘付けになってしますのです。

ほぼ100%お互いガン見状態になります。


このマスクの機能って、こういうことなんでしょうかね?


illust1597

やめられません

つくばの進学塾「竹進」の国語担当稲川です。


細長いお菓子をよく食べます。

Fr〇n(フラ〇)・〇ッキー・じゃ〇りこなど。


今回はポッ〇ーについて。

1本ずつ食べるより、まとめて3~5本一気に食べる

食べ方がやめられません。


食感も食べごたえも最高です。

もう1本ずつチョコでコーディングされた細長い

形状のものを、わざわざ選んで食べる意味がない

のかもしれません。


しかし、やめられません。



夏が待ち遠しい

つくばの進学塾「竹進」の国語担当稲川です。


4月も下旬に差し掛かろうとしているのに、春らしい暖かさが

続かないような…。

生徒さんたちの中にも、体調を崩してお休みしている子がチラホラ。

かく言う私も、すっかり鼻風邪をひきまして、もう早く夏にならない

かなと待ち遠しい気さえしています。

ある二択

つくばの進学塾「竹進」の国語担当稲川です。


仕事が終わって家に帰ると、もう夜中になっているわけですが、

玄関を開ける前に少々考えます。


ある二択にいつも挑戦しなければならないのです。


すっかり忘れて何気なくドアを開けると、スッと出て行くものが…。

もう、こんなことを2年近く続けています。

分かっていただけますか?

サッとメモをとりましょう!

つくばの進学塾「竹進」の国語科の稲川です。


退勤時には特に肌寒く感じる今日この頃ですが、
みなさん風邪などひいていないでしょうか。


早速ですが、最近気になることを一つ…。
授業でレポート解説などをしている時、まるでテレビをみている
かのように、微動だにせずこちらをみているだけの生徒さん。


「お話を聞く」態度としては正しいのかもしれませんが、
メモを取る、解説から生じた疑問点や自分の解答と比較して
考えたことを質問するなどの行動には結びついていません。


まるで自分には関係のないことであるかのように聞き流している
のが手に取るようにわかります。


一方で、自分が忘れていた知識や間違えた理由となるポイント
をサッとメモし、その場で理解につなげている生徒さん達の
様子も、本当に良く分かります。


この差は竹進での勉強にとどまらず、今後の学びの姿勢に
大きく関わっていくことと思います。


当然、授業内で指摘していることですが、自らが意識を変えて
いかなければなかなか身につかないことですね。




やり直しの習慣

つくばの進学塾「竹進」の国語科の稲川です。


毎回授業中に伝えていることですが、テスト(評価テスト、学校の
テスト・・・)はやりっぱなしにせず、必ずやり直す習慣をつけましょう。


このことは全科目について言えることですが、レポートとして
課されないとなかなか自分からは取り組めないようです。


解き直しは自分の弱点を発見し、補強するための、大変効率の良い
勉強だと前向きに捉え、点数に一喜一憂して終わることなく、
その先を見据えてテストを十分に活用してください。




1 / 3123