スタッフブログ

blog_main01

事務主任渡部さん

①事務応対で気を付けていること

本当に「良い塾」とは何でしょうか?
人によって様々なご意見があるかと思います。
ただ一つ言えることは、
塾はビジネスの側面も持ち合わせていますので、
学校の公教育とは、その目的も存在価値も違うということです。


公的な教育に携わりながらも、一方ではビジネスでもある塾。
そんな矛盾した存在だからこそ、子供・保護者の立場に立った、
バランスが大事なのだと強く感じます。


事務といういわば裏方だからこそ、そのバランスを絶えず意識して、
子供・保護者と講師・スタッフが、しっかりと信頼関係が築けるよう、
心がけています。


②子供たちに一言

みなさんの大半は、勉強は「めんどくせ~。だり~。」でしょう。
しかし勉強を怠けて後悔している大人はたくさんいますが(僕も
そうです)、勉強をやりすぎて後悔している大人はほとんど
いません。


10代前半は、一生の中で、脳がもっとも活発に働いてくれる
「黄金期」です。そのさなかにいる皆さんが、それを自覚するのは
中々難しいかもしれませんが、私たち大人から見ると、
その「黄金期」を無為に過ごすのは本当に残念な事です。


皆さんが勉強以外のことで、「楽しい・面白い」と感じている事の
ほとんどは、大人になってからいくらでもできます。
しかし勉強は、今まさに、皆さんの年代に頑張ってこそ、
あらゆる意味で「人生の宝物を見つけるきっかけ」になりうるのです。


どうか皆さんには「どうして勉強しなければならないのか」ではなく、
「勉強に打ち込めるのは今だけ」と考えて欲しいものです。
私たちも、皆さんが勉強に打ち込めるよう、

最大限のお手伝いをします。


そして願わくば勉強を通して、将来「人生の宝物」を見つけて
欲しいと強く願っています。