レポートチェック

2人担任制


復習の定着、家庭学習習慣、生徒の理解度の把握

次回授業の3日前までに、</p><br /><br />
<p>塾に提出して講師がチェック。

竹進のもう一つの独創的なシステムに「レポート(宿題)チェック」があります。
毎週レポート(宿題) が出るのは他塾と同様ですが、普通の宿題と違う点は、提出するのが次週の授業の2~ 3日前という点です。
普通の宿題は次週の授業時に提出し、その場で担当の講師が提出の有無の確認をして終わりです。
しかし竹進ではレポートを事前に提出させ、生徒1人1人のノートを担当講師が丹念にチェックすることにより、生徒の習熟度をしっかりと把握しています。
そのため個々の生徒に的確な指導をすることが可能なのです。

レポート制度のねらい

1: 授業中に覚えたことを早めに復習し定着させます。
2: 家庭学習の習慣づけを図ります。
3: 提出されたレポートを講師が添削することにより、
 生徒の理解度を的確に把握します。
YouTube Preview Image
 

クリックで拡大します

漫画

一週間の流れ

一週間の流れ

各教科レポートチェック例

  • 国語
  • 算数・数学
  • 英語
  • 理科
  • 社会

国語のレポートチェックにおいては、作文の記述添削はもとより、漢字や文法などもこまかいチェックをして、正しい知識を習得できるように徹底します。

クリックで拡大します

算数・数学にかんしては、解答がでるまでの解法、「答えまでの道筋」をわかりやすく指導しています。
間違った問題は、間違っている箇所や原因・対処の仕方をアドバイスします。
普段から、間違った箇所や原因を生徒達に探させたうえで、見つからない時は、「どこが間違っているか」という質問をしてもらっています。
このようにすると、間違いの原因を生徒が意識し始め、解き方が正確になり、ミスをしなくなります。

クリックで拡大します

ただいま工事中です。

クリックで拡大します

ただいま工事中です。

クリックで拡大します

ただいま工事中です。

クリックで拡大します