スタッフブログ

blog_main04

ほっとする話

つくばの進学塾「竹進」の事務主任の渡部です。


めっきり寒くなっていましたね。

新校舎になって、初めての冬がもうすぐです。


さてここでほっと温まる話を一つ。


先日小6のF君が、授業後に財布をなくしてしまった

のですが、その時とある青年が、なんと一緒に

塾周辺を探してくれたそうです。


結局財布は教室内で見つかり、事なきを得ましたが、

見ず知らずの少年を助けるとは、今時よくできた青年

だな、と感心しました(すっかりオジサン目線です^^;)


しかしこの話は続きがあり、それから一週間後、その

青年が塾にやってきて、F君と話をさせてくれないかと

言うのです。


恥ずかしながら一瞬警戒心を抱いた僕でしたが、

青年は、「F君は受験生と聞いたので、励ましの言葉を

かけたい。」と言うのです。


その時F君は授業中だと伝えると、青年はそれならばと、

わざわざ手書きでメッセージを書き残していきました。

そのメッセージは、F君への温かい激励の言葉でした。


聞けばその青年は筑波大の卒業生で、今はフリーターだ

そうですが、「本当に良くできた青年だ、日本もまだまだ

捨てたもんじゃない(完全オジサン目線w)!」と事務主任

は「ほっ」としたのでありました。