スタッフブログ

blog_main01

袋田の滝

つくばの進学塾「竹進」の塾長の渡部です。


先日、日本三大名瀑の1つと言われている袋田の滝に行ってきた。

茨城県に住んでいながら一度も行っていないのは、さすがにまずい

と思い行ってきた。


写真などで、冬の全面的に凍った袋田の滝を見て、非常に期待

していた分、正直がっかりした。

ちょうど水量が少ない時期だったせいもあるのだろうが、豪快さが

なかった。残念!


袋田の滝に行くためのバスの時刻や、電車の時刻を調べたりして

準備をして出かけた。

バスや電車に乗って外の景色を眺めていると、日常の景色とは違い、

良い刺激になった。

健康だからフラリと旅ができるのだと、日常から離れると普段

当たり前だと思っていることに妙に感動、感謝した。


 土浦~水戸を特急で行った。

普通で行っても10数分しか違わないのだが、水郡線(水戸と郡山を

結ぶ鉄道)との連絡が普通だと悪いのだ。

それなのに、特急が十数分遅れてきた。


これは水郡線に間に合わないと思っていたら、水郡線が、特急の

到着を待ってから出発した。

これは、いつもの事なのだそうだ。

水郡線から枝分かれする鉄道も、水郡線の遅れに合わせて出発していた。

1時間に1本くらいの鉄道なので、こんな事もできるのだ。


常磐線の普通も水郡線も、乗り降りするときには、ドアの近くのボタン

を押して、ドアを開閉する仕組みになっていた。

TX以外の鉄道にしばらく乗っていなかった間に、世の中はこのように

変わっているのだと妙な所に感心した。


水郡線沿線の駅名には常陸(ひたち)~が多かった。

さすがに、かつて常陸国(ひたちのくに)と言われていた地域だと思った。


yjimage