スタッフブログ

blog_main04

来年!?こそはルミナリエをみてやる!!

つくばの進学塾「竹進」の事務の高木です。


今年もあと数日ですね。みなさんは今年やり残したことはありませんか?
「ない!」とはっきり言えた人は、さぞ充実していたのではないでしょうか。


私は12月に入ってから、念願の旅行に行って来ました!
場所は・・・神戸です!
初めて神戸に行ったのですが、いや~この時期の神戸は最高でした!!
神戸ハーバーランドは、この時期が絶対おススメだと思いましたね。


ただ、一つ残念なことが・・・
実は神戸ルミナリエを見るのを楽しみにしていたんです。


しかし、行った日がちょうど開催最終日で、イルミネーション点灯1時間
以上前からすでに大勢の人が集まっており、点灯場所にすら行けず、
身動きが取れなくなりそうになり、「みんなあと1時間以上もこの場所で
点灯するのをひたすら待つのか」と思ったら、心が折れてしまいました。


結局、見るのを諦め、遠くから眺めるだけになってしまいました。
旅行全体はのんびりできて、日々の疲れを癒すことができたのですが、
一つやり残したような気分になってしまいました。

何事もやり残しはいけませんね!


来年!?こそはルミナリエをみてやる!!


お土産写真
神戸ポートタワー① 夕暮れ


img2


神戸ポートタワー② イルミネーション


img1




良い年をお過ごしください

つくばの進学塾「竹進」の塾長の渡部です。


今日で冬期講習の前半終了。
新校舎の建築作業も年内は、12月27日で終了。
いよいよ今年も終了だ。


今年は、新校舎建築に向けての活動が実を結んだ
充実した1年だった。新校舎完成まであと3ヶ月。
来年に向けてさらにがんばろうと、決意を新たにした。


新校舎は、 3階の各階のコンクリート打ちと屋上ができて、
建物らしくなってきた。中を歩いて見て、来年3月以降の
授業の様子を想像して楽しくなった。


今年9月から、元の事務・講師室で授業準備をし、
レポートや教材を代替校舎に運んで授業をする、
ということをずっと続けている。


毎日毎日のことなので、けっこう疲労がたまっている。

しかし、授業は手抜きできない。
後3ヶ月の辛抱と心を奮い立たせている。


何となく現状を書き連ねて、とりとめもなくなって
しまったが、皆様も良い年をお過ごしください。




寒い日は台所に立ちたくない...

つくばの進学塾「竹進」の事務の奈良です。


古い家に住んでいます。
情緒を感じるので結構気に入っているのですが、
冬の寒さはなかなかに厳しいです。
特に台所は底冷えがします...。


そんな時には、部屋のストーブで野菜ステーキにしたり、
オーブン料理にしたりします。
先日はイカの塩辛を加熱してもおいしいのではないか
と思い、一品作りました。


ジャガイモとズッキーニとしめじにイカの塩辛を和えて、
天板に広げて20分くらいグリルで加熱するだけなのですが、
ワインが進むおつまみになりました。

おすすめです。


中学受験の合格報告が届くようになりました。
とても嬉しく思います。


年が明けたら午年です。午年だけにうまくいく!
これからの生徒さんももうひと踏ん張りです。
一緒に頑張りましょう!




アイドルに対する中学生の態度はよくわからない

つくばの進学塾「竹進」の英語科の鈴木です。


本格的に気温が下がってきました。バス当番のときに
外で待機している際に、その寒さをひしひしと感じております。
だけど僕は暑がりなので、寒い季節のほうが好きなのです。 


今月、中1の教科書ではフォーチュン・クッキーというものが
出てきました。クッキーのなかにおみくじが入っている中国の
お菓子のことです。


しかしフォーチュン・クッキーという言葉を聞いて多くの人の
頭にまっさきに浮かぶのは、〇KB48の
『恋するフォーチュン・〇ッキー』という歌ではないでしょうか。 


僕は〇KBがとくに好きというわけではないのですが、
その歌だけはどうも気にいるところがあって、iPodに入れて
よく聞いているのです。 


僕がそのことを生徒の前で発表すると、ほぼすべての生徒が
ドン引きしました。特に男子からのブーイングがすごかったです。
「おえ~」と、あからさまなオーバーリアクションを見せてくれた
子もいました。


思春期なんだから〇KBのメンバーを見て「かわいい」
と思う子だって絶対いるだろうに。いったい何なんでしょうね?(笑) 


それとは別の話で、以前、〇ャニーズ好きの女子生徒が、
「女子が〇ャニーズを好きなのはいいけれども、男子が〇KBを
好きなのはキモくて無理」という発言をした際に、周りの女子生徒が
「わかる~」と言って賛同していたことがありました。


これもいったい何なんでしょうね?(笑)




新しいことを学ぶのは楽しい

つくばの進学塾「竹進」の事務の村上です。


竹進の渡部塾長は、長年数学を教えてきた大ベテランでありながら、
近年は理科にも担当を広げ、「新しいことを学ぶのは楽しい」
ということを時々言われます。


ある程度歳を重ねると、新しいことに手を出すのは億劫に
なりがちなのに、とても若々しく、見習いたいなと感じます。


「新しいことを学ぶのは楽しい」ということで、最近の私の
小さな趣味である”樹木観察”について…。

ちょっとずつ、名前の分かる木が増えてきました。


同じ景色を見ても、この木は○○、あの木は○○、と分かると、親近感?
がわいて、道を歩くのが楽しくなってきました。




味をしめたワタクシ

つくばの進学塾「竹進」の算数・数学担当の山沢です。


前回のワタクシのブログにて、おかしについている応募券
の回収を謀ったら、思ったよりも集まったので、
味をしめたワタクシは、今後も同じことをしようと考えている
所存でございます。


さてその応募券ですが、計13口分たまりまして、ただ今
官製はがきの住所書きに勤しんでいるところです。


世間の人々は年賀状を輪ゴムで束ねてポストへ投函
することでしょう。一つぐらい懸賞ハガキの束があった方が、
郵便局さんも刺激があってよいのでは。


ぬいぐるみ、当たれ~(-人-) ))))



落ち葉掃除②

つくばの進学塾「竹進」の算数・数学・英語担当の西山です。


落ち葉掃除①の続きです。


4.範囲を決めて小分けにする
(1)勉強も、一度に全部やろうとするのではなく、小分けにして、
少しだけの部分に集中してやれば、効率がいいし、短時間で
終わるので達成感もすぐに得られ気分的にも楽です。


(2)落ち葉掃除は、範囲を小分けにして、その部分だけを
掃くようにすると、途中で風が吹いても影響が少なく効率よくでき、
掃除が進んでいることを体感できるので気分的にも楽にです。
小分けにするといい、という点で、勉強とそっくりです。


5.毎日やれば楽
(1)勉強は、ためてしまうと大変ですが、毎日やっていれば、
やることが少なく感じるようになります。
しかも、気づいたら勉強を始めているようになると、親からごちゃごちゃ
言われることもないし、「勉強しなきゃなー」と思い悩みつつ
勉強しない自分に嫌悪感を感じることもなくなり、気分が良くなります。


そのうえ、授業がよくわかり、テストの成績が良くなるのですから、
こんないいことはありません。勉強せずにダラダラしていても、
心のどこかに「勉強しなきゃな」という重荷があるので、
ストレスがたまるだけです。


(2)落ち葉は毎日掃除すると、量が少なくて掃除が楽です。
しかも、掃除することが習慣になってしまうと、努力しなくても
体が勝手に掃除を始めてしまうようになるので、気分的にも楽です。
毎日やれば楽、という点で、勉強とそっくりです。


6.言われてするのではなく自ら進んでやってしまう
(1)勉強は親などにするように言われると、気分が少し萎えてしまう
ことがあります。逆に自分から勉強を始めて、親にほめられたり
すると、より一層勉強する気になってきます。

自分で始めたので、もっともっとやってみたくなることもあります。


(2)落ち葉掃除は、自分から進んでやっているので、「いやいや感」が
ありません。落ち葉が少ない日には、隣の落ち葉まで掃いてしまう
ことさえあります。言われてするのと、自ら進んでやるのとで大違い、
という点で、勉強とそっくりです。


落ち葉掃除をしながら、こんなことをウダウダ考えつつ、楽しんでいます。
そうしている間に落ち葉がなくなり、きれいになって、気分もよく、
達成感も味わっています。さらに、体があたたまり(結構な運動量
になる)、汗をかくほどで、体調管理にも役だっています。

決して、罰ゲームなどではありません(笑)。


勉強に行き詰まったり、ストレスで勉強が手につかなくなったら、
落ち葉掃除をしてみましょう。




落ち葉掃除①

つくばの進学塾「竹進」の算数・数学・英語担当の西山です。


落ち葉の季節も終わろうとしています。
代替校舎前の落ち葉もピークを過ぎました。
落ち葉掃除をしながら、勉強とそっくりだなあなんて思っています。


1.見た目の量に負けずに(ひるまずに、感情を乱されずに)まず着手
(1)勉強は目の前の一問一問に集中していれば、
そのうち全部終わります。多いなあなどと気分を凹ます前に、
まず着手してしまうことが大切です。


(2)どっさりと積もった落ち葉を見ると、それだけで掃除から
逃げたくなります。でも、ひと掃き、ひと掃き、掃除をしていると、
いつの間にか落ち葉がなくなり、掃除が終わってしまいます。

あきらめなければ、必ず終わるときがきます。

しかも、意外とすぐに。量が多く見えても感情を乱さずに
まず着手することが大切、という点で、勉強とそっくりです。


2.元に戻らないところまでやり切る
(1)勉強には、元のレベルに戻らなくなる(知識・理解が定着する)
回数・量・時間があります。そこまでやり切ると、知識・理解が
自分のものになり、さらにその上に知識・理解を積み重ねていく
ことができるようになります。


解けなかった問題を理解し解き直して正解を出せたなら、
すぐにまたもう一度、同じ問題を解いて、完璧に解けるまで
繰り返しておくと、1ヶ月後でも半年後でも解けるのです。
そこまでしつこく問題に食いついていくこと、やり切ることが大切です。


(2)落ち葉は、道路わきの下草が生えているところまで掃ききると、
風が吹いても戻ってきません。でも、そこまで掃かずに放っておくと、
風でまた戻ってきてしまいます。
やり切ることが大切、という点で、勉強とそっくりです。


3.次から次に出てきても気にしない
(1)勉強していると、わからないことが次々に生まれてくることがあります。
一つのことを理解しようとすると、別のわからないことが出てきて、
わからないことが増え、投げ出したい気持ちになることがあるかも
知れません。でも、そんなものです。


気にせず、淡々と勉強を続ければ、それでいいのです。

途中で出てきたわからないことは、とりあえずそのままにして先に進み、
あとでどうしても必要であれば、そのときに片付ければいいだけです。


(2)落ち葉は、掃いているそばから、上から次々に降りかかってきます。
でも、そんなものです。気にせず、淡々と掃き続けるだけで、
いずれ掃き終わります。どんどん降ってきても気にせず、
淡々と続けることが大切、という点で、勉強とそっくりです。


落ち葉掃除②に続きます



国語は総合力

つくばの進学塾「竹進」の塾長の渡部です。


手前味噌になるが、竹進ほど、国語の指導に力を入れている
進学塾は珍しいのではないだろうか。

読解力をつける指導だけでなく、二人担任制とレポート添削制度により、
記述力をつける指導に本格的に取り組んでいる。


ただ、国語は総合力なので一朝一夕に力がつく科目ではない。
良い指導者のもとで、力をつける勉強を継続的に行わないと、
国語の力はなかなかつかない。




樹木の名前

つくばの進学塾「竹進」の事務の村上です。


最近、樹木の名前を調べるのにはまっています。

樹木というのは個体差が大きくて、同じ木でも、環境等によって
ずいぶん違った姿に成長することもあることから、パッと見て
種類を特定するのは難しいんだとか。


でも「葉」をよく観察する方法なら、かなり絞れるそうで、面白いですよ^^




1 / 212