スタッフブログ

blog_main04

竹進は「習い事」じゃない②

つくばの進学塾「竹進」の数学・英語担当の西山です。


竹進は「習い事」じゃない①の続きです。


勉強すること自体を生活にできるというのは、とても贅沢なことです。
部活その他のことに時間を使うのもいいでしょう。
でも、勉強が生活の一部になっていなくて、どうして「学生」と
いえますか。ゲームだけして勉強をさぼっている人は、
その結果を自身の人生に引き受けることになります。


誰も責任をとってくれません。自分がやってきたことが自分に
返ってくるだけです。

言い訳をして勉強を逃れたところで、その結果から逃れること
はできません。さぼった分だけ実力がつかないのです。

勉強しているフリだけでは、望む結果はついてきません。


勉強は生活ですから、成績が良くない生徒の成績を上げる
ためには、生活全般の見直しが必要となります。塾に行けば、
それだけで成績が上がる、などと誤解してはいけないのです。


勉強は塾に全部まかせてしまえばいい、なんてことはないのです。
勉強を生活に組み込まなければなりません。
それは家庭でしか行えないことで、いくらレポート(宿題)の量を
増やしても、ごまかしてやったフリをして逃げれば、何の効果も
ありません。保護者の方にも、勉強を生活に根付かせる
働きかけが求められます。


生活を変えずして塾に通うだけで成績があがるなんて、
そんなうまい話はありません。特に、これまで勉強してこなかった
生徒は、勉強と生活が別物になっていますので、食事のように、
毎日きちんと勉強する時間を確保させることが必要です。


その確保の手段として、塾通いがあるのです。

竹進は、勉強を生活の一部にするための手段であり、動機づけ
にもなるものです。 竹進は「習い事」ではありません。


「おなかがへった」と同じくらい「アタマがへった」と感じるようになり、
自分から勉強するようになってほしいのです。
そうなってこそ、勉強が生活の一部になったといえます。


そのためのサポートを、全力でさせていただきます。




竹進は「習い事」じゃない①

つくばの進学塾「竹進」の数学・英語担当の西山です。

(今回の投稿は、新中2、新中1生を想定しています)


 わたしが大学受験を目指していた当時、数学の雑誌の
学力コンテストの課題の中の1問を、丸1日、実質13時間以上
もかけてようやく解いたことがあります。


やりきった充足感から急に眠くなり、そのまま眠りました。

その夜、解いた問題(空間図形の問題)の立体が出てきて
ゆっくりと回転し、切り口の面がはっきり見えてくる夢を見ました。
眠りながら感動した記憶があります。


おそらく、わたしが大学入試の数学で高得点を取れるように
なったのは、この時でしょう。実際に、大学入試の本番では、
数学がかなり良くでき望むところに入ることができました。


勉強は、いわゆる「習い事」ではありません。生活の一部です。
食事を抜くのが異常な事態であるように、勉強をしない日がある
ことは、例外的なことなのです。そうして初めて、実力をたくわえ、
自分が行きたい高校、大学に行くことができるし、自分の望む
人生を実現していくことができるのです。


勉強もせず、それでも入れる大学に入って卒業したところで、
そのあとの人生を幸福に送れるでしょうか。

私の個人的な見解ですが、勉強抜きに自己実現はありません。

スポーツの世界でも、たとえば金メダルをとった羽生選手は、
中高の6年間、全科目5(オール5)だったそうです。
勉強することでアタマを鍛え、それをスポーツに活かしているのです。


また、勉強することで生活に規律を生み出し、自身のコントロール力
を手に入れたのです。生活のほとんどを親に頼ることができるのに、
勉強を生活の一部にせず、塾に来たときだけ勉強するのは、
あまりにもったいないことです。自分の人生の可能性を広げる
チャンスを、自ら捨てているようなものです。 


竹進は、授業のあった日の3日後くらいを締切りとして、
レポート(宿題)を出しています。これは、効率よく実力をつけていく
ためだけにとどまらず、家で自分で授業の復習をするという、
家庭での勉強習慣を確立するためでもあります。


竹進は、生活としての勉強の一部なのです。

ですから、竹進は「習い事」ではありません。生活です。


竹進は「習い事」じゃない②に続きます。




ブログも滞りがち・・・

つくばの進学塾「竹進」の塾長の渡部です。


新校舎完成まで後1週間足らず。
昨年の9月から解体工事、建築と進み、いよいよ
大詰めになった。


現中3の入試と引っ越しが重なり、超忙しい毎日である。

ブログも滞りがちだったので、久々の更新だ・・・。




なんとか間に合った。

つくばの進学塾「竹進」の塾長の渡部です。


現中3の通常授業は、2月一杯で終了する。

現中3は、一度も新校舎で勉強することなく、
卒塾することになる予定であった。


そこで建築会社の染谷工務店にお願いして、
完成を10日早めてもらった。

その結果、現中3にも3月2日の日曜特訓は
新校舎で行うことにできるようになった。




あと1週間でお別れ

つくばの進学塾「竹進」の塾長の渡部です。


代替校舎のSS竹園とも、あと1週間足らずでお別れである。

SS竹園のロビーは、とても広く開放感があった。


新校舎は駐車場を確保するために、校舎のロビーは
SS竹園ほどは広くない。

しかし、事務講師控室と、教室が同じ建物の中なので、
ずいぶん便利になるだろう。




ついにその全貌を現わした!

つくばの進学塾「竹進」の事務主任の渡部です。


さて、まるで敵役のボス出現みたいなタイトルの
今回のブログ。

何かというと…

ドドン!


_DSC29841


バレバレでしたが、新校舎のことでした^^;

新校舎は完全塾仕様!生徒が集中できるよう、
壁のデザインまでこだわります。

ざっと思いつくだけでも・・・

・集中できる自習室完備   ・駐車場完備 
・全室LED照明   ・防犯カメラ5台設置
・太陽光発電機設置   ・耐震・免震構造
・空気清浄器全室設置

などなど。


他にも細かい所までこだわった、まさに
「塾講師の、塾講師による、生徒の為の」
新校舎となっております!


新校舎での授業は3月より開始!
僕はもう待ちきれず毎日観覧しておりますww



残念→だが生活に支障をきたすレベル

つくばの進学塾「竹進」の算数・数学担当の山沢です。


以前応募したガ〇ボminiキャンペーンですが、
一向に届く気配がないので、ハズれてしまったのでしょう。

残念。ニャン〇先生のぬいぐるみ、ほしかった・・・。 


現在、私の部屋には、生活に支障をきたすレベルで
ぬいぐるみの類が並んでおりますが、中でもお気に入りなのが、
ぷよ〇よのビーズクッションとカピバ〇さんのぬいぐるみ。


何てったって枕に最適!




冬の乾燥対策に

つくばの進学塾「竹進」の国語科の稲川です。


香りつきボディーバターを愛用中。


今年は「はちみつ」、「モリンガ」、「チョコレート」の
3種のローテーションで乗り切る予定なのですが、
「チョコレート」の甘い香りは夜中に食欲が刺激
されて危険です。


就寝中、猫に手をかまれて起きるのは、
猫も同じ気持ちだからでしょうか。