スタッフブログ

blog_main04

この時期の楽しみ

つくばの進学塾「竹進」の理科・算数の担当の石谷です。


先日、沖縄が梅雨に入り、もうそんな時期かと思った
翌日、関東は各地最高気温が25度以上。


家に帰ると部屋はムッと蒸し暑い空気がよどんでいた
ので、すぐさま冷房を入れました。


浴槽には水を溜めて、水風呂に入るのがこの時期の
私の楽しみの一つになっており、日に2~3回、
休みの日には5~6回、気が付いたように入っています。


髪を濡らしたままであることも多く、ついつい風邪を
引いてしまうことも・・・。


日によって気温差があるので、特に受験生は、
体調管理には気をつけてくださいね。



激変

つくばの進学塾「竹進」の国語科の別府です。


根菜やネギなどの野菜は食べた後、根や芽の部分を庭に埋めたり
などしています。もし伸びてくれたら、伸びた部分を頂きます。


味噌汁の彩りくらいにしかなりませんが、なんとなくうれしいというか、
得した気分というか。


さて先日、そのようにして伸びてきたネギを、刻んで味噌汁に
入れて頂きました。


しかしどうやらそいつは雑草だったようです!

味噌汁の味を激変させるほどの個性の持ち主でした。


以後、植えた場所を間違えないよう気をつけようと思います。




実験植物園

つくばの進学塾「竹進」の塾長の渡部です。


先日、午前中に実験植物園に行ってきた。


①サクラソウ
ちょうどサクラソウの展示会をやっていた。


サクラソウも真っ赤な色からピンク、白と様々な色のものがあり、
また花の形状も上に向かって咲いているのもあれば、
下を向いてお辞儀をしているように咲いているのもあり、
とても同じサクラソウとは思えなかった。


江戸時代頃から品種改良を重ねてきた結果、
様々な種類のサクラソウになったそうだ。


②ゴボウ
普段食べているゴボウの葉がとてもデカいのに驚いた。
一枚の葉が30cm×50cm位あって、それが何枚も
重なり合っていた。


この大きな葉で光合成をして、抗酸化作用の強いゴボウ
を作るのだ、と変な所で感心した。




勝てば官軍だけではない

つくばの進学塾「竹進」の塾長の渡部です。


5月の連休中に、年に一度の社員旅行として会津に行ってきた。

勝てば官軍で、負けた会津は何となく、悪者のような
歴史認識をうえられていた。


しかし、会津は礼儀正しく、筋の通ったことをしていたことを知り、
物事は多方面から見ないと、本当の事は分かりにくいと
つくづく思った。



if②

つくばの進学塾「竹進」の副塾長の牧原です。


if①の続きです。


幕末の会津藩の歴史に触れると上記(前回ブログ参照)
のような考えを持つに至ります。


京都守護職のたどった運命を、2014年の今から見て
どうこう言っても仕方ないことですが、もっとうまい身の振り方
があったのではないかと思う反面、情勢がそれを許さなかった
ことも、事実の一要素としてカウントしなければならないかと
思うと、やはり、やるせなさを感じてしまいます。


公共性を論じる人の中に、現時点でこれへの答えを
提供してくれる論者があるような気はしますが(歴史学では
ちょっとお目にかかっていません)、やはりifなのですよね。


おっと、かなりまじめな感じになってしまったので、ここで
今回の旅行で楽しかったことを書きます。


①料理がおいしかった(食べすぎました)
②風景が素晴らしかった(山が「青」かった!)
③白虎隊のお墓に手を合わせることができた
(西軍の末裔としてこれは外せなかった)
④露天風呂が気持ち良かった(温泉大好きです)
⑤個人的にluckyなこともありました(これはsecretです!)


最後に。
会津若松では、歴史的な建造物などを保存・維持する取り組み
が「本気」だなと感じました。

私の出身の県も、掘り起こせば、幕末から明治にかけての歴史
が感じられるものが多くあるのに、それを後世に伝えようという気
はあまりないように感じます。


今度は会津を見習う番ではありませんか?



if①

つくばの進学塾「竹進」の副塾長の牧原です。


おかげさまで、今年度は会津に社員旅行に行ってまいりました。

今回は旅行の感想的なものです。

歴史にifをつけて語ってはいけないのですが、やはり仮定法
過去完了で書いてしまいたい場合も多々あります。


歴史において時期や時機を考えるとき、その当事者の意図とは
全く別のところで、当該当事者の運命が決まってしまう、
ということもあるでしょう。


当事者としては、そのような意図はないにもかかわらず、
そのような意図があるものとして、(だいたい、そのような意図が
あるとみなすのには、政治的な思惑満載という感じですが…)
処罰されてしまう。


そしてその処罰が、次の政治体制を構築する際の「大義名分」
となっている(ならまだしも、「なんとなく」「(政治的な意味で)
きまぐれで」なされる)場合には、なおさらその処罰は、
「時期」「時機」が悪かった、としか(少なくとも「運命」をみることの
できない普通の人間としては)言えない可能性が高いでしょう。


if②に続きます。




竹進設備紹介④

つくばの進学塾「竹進」の事務主任の渡部です。


今回も引き続き竹進設備紹介です。


竹進では5月より、これまで土足だった校舎内で上履きを
はいてもらうことにしました。


おかげでこれまで雨の日などは、校舎内が泥だらけになって
いたのですが、見違えるように汚れなくなりました^^
もうすぐ梅雨ですが、その前に上履きにしてよかった!


下の写真はその上履き入れです。


IMG_10631


下の写真は校舎内の掲示板です。
今後は有意義な情報を、この掲示板でもっともっと
積極的にお伝えしたいと思っています。


IMG_10651


下の写真は、各教室に設置している空気清浄機付きの
エアコンです。しっかりと教室の衛生管理を行っておりますので、
アレルギーなどが心配な方も安心です^^


DSC_00081



つくば 塾 進学塾 竹園進学教室

甘い? 酸っぱい?

つくばの進学塾「竹進」の事務の髙木です。


最近、アサイ―にはまっています!

アサイ―は、ポリフェノールが豊富で美容と健康にいいらしい!
・・・ということで、なにかとアサイ―と表記があれば、
買ってしまいます。


初めてアサイ―のジュースを飲んだ時、
「甘い!アサイ―は甘いのか」と思いました。


しかし何度目か違う商品を食べたとき、酸っぱかったので、
間違えて違う商品を買ってしまったのでは!
と表示を確認しましたが、アサイ―と書いてありました。


よく見ると果汁95%・・・以前に買ったのは何%だったのだろうか
・・・数日後、以前買った商品を見てみると「果汁10%未満」・・・
原材料は、砂糖が一番多いようでした。


砂糖を飲んでいるなら、納得の甘さでしたね。




難しい買い物

つくばの進学塾「竹進」の事務の奈良です。


田んぼに水が張られ、連休に田植えが終わったところもありますね。
こうなると初夏ももうすぐか、なんて思います。


話は変わりますが、皆さんはどんな枕を使っていますか?
私はなかなか自分に合う枕を見つけられないでいます。
使ってみないと合っているのか分からないのが、悩ましいところです。


しばらく前に、低反発ウレタンと高反発ウレタンが組み合わさっている
という枕を購入しましたが、私には高さがありすぎて
(思ったよりも沈まなくて)、首を違えることが多々発生。
残念ですが、今は、枕ではなくクッションとして使用しています。


枕がないときにはどうしているかというと、毛布を枕っぽくして
使っています。眠る前に毛布を畳んだりして、高さや形を好みに整えて
枕のようにします。


逆U字型にすると、寝返りを打ってもホールドしてくれるので助かります。
残念なのは、眠っている間に高さが合わなくなったり、見た目の納まり
があまり良くないことです。 なので、やはり枕が欲しい。


買い物に行って枕が置いてあると、つい自分に合うのではないかと思い、
じっと熱い視線を注いでしまうのでした。

いつかはぴったり合う枕にめぐりあいたいものです。