スタッフブログ

blog_main04

竹高文化祭

つくばの進学塾「竹進」の算数・数学担当の山沢です。


竹高の文化祭に行って来ました。

高校の文化祭など久しぶりだったのでテンションも上がり、
大騒ぎしてきました。


段ボールのトンネルをくぐったり、わりばしで作ったゴム鉄砲
で射的をやったり、棒をふりまわして飛んでくる輪っかを
キャッチしたり…。


なかなか普通の大人が体験できるものではないなあ、
と思いました。
何より、竹進の卒業生の顔を見ることができたのが
よかったです。

みんな元気そうで何よりでした。




TOEIC結果報告5月

つくばの進学塾「竹進」の英語科の鈴木です。


TOEIC結果報告4月の続きです。


続いて5月のほうなのですが、これまた970点でした。
内訳は、Listeningが495点、Readingが475点。

スコアシートをまだ見ていないため、それぞれ何問くらいミスったのか
はわかりませんが、ひとまずリスニングが満点に戻せてよかったです。


解いたあとの手ごたえでは、リーディングで2問は確実に落としたこと
がわかっていたのですが、この点数を見る限りだと、おそらくもう2問は
落としていると思います。


どこで間違えたのかがわからないのが悔しい……。


間違えたとわかっているところは語彙問題なのですが、それもまた
悔しい(語彙は取れる自信があったのに!)。

ちょっと語彙を強化しようかなと思います。


そして先日22日、6月のTOEICも受けてきました。
感想は「めちゃ難しかった」の一言です。

先述したオーストラリア人女性の発音がとにかく鬼門でした。
それから語彙問題では、ついに英検1級レベルの問題が登場しました
(しかも2問)。


TOEICは難化傾向にあると言われていますが、それを如実に
感じましたね。今までと同じことをしていては、点数は下がる一方
なだけだと感じたので、すこし負荷をかけた勉強をしていこうかなと
思います。


趣味でやっているテレビゲームの時間は減らしたくないんですけれども、
仕方ないかなあ。英語好きだし。




のぼり旗はじめました

つくばの進学塾「竹進」の事務主任の渡部です。


新校舎の駐車場が少し殺風景なので、
のぼり旗を立ててみました^^


IMG_10781


個人的には、中々インパクトのあるのぼり旗だと
勝手に自負しています笑




TOEIC結果報告4月

つくばの進学塾「竹進」の英語科の鈴木です。


4月と5月に受けたTOEICの結果が返ってきました。


まず4月のほうは、970点でした。
内訳は、Listeningが480点、Readingが490点です。

リスニングは解くのに必死だったため、いくつ間違えたかわかりません
でしたが、スコアシートを見ると、3問ミスっていたようでした。


たいていTOEICのリスニングは3,4問ミスまでなら満点をもらえる
のですが、今回はすべて減点されていました。残念!


リーディングのほうは、1問は確実にミスったとわかっていたのですが、
結局は2問ミスでした。しかしこちらのほうは、1問だけ減点されずに
済んだので、なんとかこの点数にとどまってくれました。


4月の感想としては、リスニングの音声に新しく登場したオーストラリア
人の女性の発音が、かなり聞き取りづらいということでした。


いつごろから登場したのかわかりませんが、とにかく何を言っているのか
ほとんどわからない。

聞き取れたキーワードだけで何とか問題を解くという、危なっかしい手段
で乗り切るしかありませんでした。


TOEIC結果報告5月に続きます




わたしのいちばん好きなこと

つくばの進学塾「竹進」の算数・数学担当の西山です。


わが家のベランダ菜園では、きゅうりが大きくなってきました。


ゴーヤはグリーンカーテンになるまでには、まだかかりそう
ですが、すでに小さな実ができていて、たくさん収穫
できそうです。トマトはもう食卓にのぼるようになっていますし、

ナスも、もうすぐ収穫できそうになっています。


暑いのは苦手ですが、野菜が目に見えてぐんぐん育ってくる
ので、夏は大好きです。育っていくものを応援することが、
たぶん、わたしのいちばん好きなことなんでしょう。


その点で、今の仕事をすることができていて、本当によかった
なあとおもいます。本当の自分に合ったことを仕事にできている
感じです。


いつまでできるのか、どこまでできるのかはわかりませんが、
できる範囲で多くの応援、お手伝いをさせていただこうと
おもっています。



やり直しの習慣

つくばの進学塾「竹進」の国語科の稲川です。


毎回授業中に伝えていることですが、テスト(評価テスト、学校の
テスト・・・)はやりっぱなしにせず、必ずやり直す習慣をつけましょう。


このことは全科目について言えることですが、レポートとして
課されないとなかなか自分からは取り組めないようです。


解き直しは自分の弱点を発見し、補強するための、大変効率の良い
勉強だと前向きに捉え、点数に一喜一憂して終わることなく、
その先を見据えてテストを十分に活用してください。




梅雨の思い出…。

つくばの進学塾「竹進」の事務の村上です


梅雨の思い出…。


昔、中学・高校と遠距離を自転車通学していた頃、
カッパを着ても学校に着く頃にはびしょびしょになり、
「もうやだ!雨やだ!」と何度も思ったこと。


生徒の皆さんも、悪天候だと、「塾に行きたくないな~」と
思うこともあるかもしれません。でもそんなときは…。


行きたくないな~と思いながらも来ましょう!(笑) 
来たら授業を受けられるし、それがちょっとずつ積み重なって
力になるよ^^

 

くれぐれも交通安全には気を付けて通塾してください。




美しい人を紹介します②

つくばの進学塾「竹進」の社会科主任の山口です。


美しい人を紹介します①の続きです


松野木の人気のパン屋さんのテラスで、「とってもおいしいパンねぇ、
つくばには、こんなにおいしいパン屋さんがあるのねぇ、
近くに住んでいる人達は気軽に買うことができていいわねぇ。」

彼女は自宅でパン教室を開いています。


竹進の新ビルに案内しました。以下は、その時の塾長とマァチャンの
会話です。


塾長・・「私は不器用なので、1つの事しかできません。30年以上
ひたすら、こつこつと懸命にこの仕事をしてきました。」


マアチャン・・「ご苦労も多かったと思いますが、とてもすばらしい
ことですね。その結果、このように立派なビルが建ったのですね。
綺麗な教室で勉強できる生徒さん、仕事ができる職員は大変
幸せですね。」


次は車中でのマアチャンと私の会話


マアチャン・・「塾長に会えて話ができ、本当によかったわ。今日一日、
色々なところを見、人に会ったけれど、魅力的な人・ものばかりね。
茨城が魅力のない県なんて、とんでもないわよ!
本当は魅力あふれる県なのにね。」


私・・「そうよ!茨城の魅力を伝えきれていないだけなのよねぇ。
もっともっとPRしないと!」


マアチャンは、いつも前向きに人の魅力、ものの良さを敏感にキャッチし、
表現する高い能力を持った女性です。


悲しいことも、苦しいことも笑顔の奥に追いやり、他人を思いやり、
気転が利く人。一方で個性、自我もしっかり持っている、たおやかで
芯の強い美しい人であります。


マアチャンは私の宝です。




美しい人を紹介します①

つくばの進学塾「竹進」の社会科主任の山口です。


石岡駅近くに愛車志馬君を停車し、神奈川県から来てくれる高校時代の
クラスメートで親友のマアチャンを待っていた時のことです。


大きな袋を提げ、颯爽と近づいて来る彼女の姿がバックミラーに
映っていました。


何と、大きな袋の中味は私への土産物で、それも自ら焼いたパンや
ツナ缶・ハンカチなど盛り沢山で、ズッシリかなり重いではありませんか。


電車を乗り継ぐにも、重くて歩きにくかったでしょうに!

でも彼女は涼しい顔をしていました。


私には出来ない、心憎い気配りがスマートにできる女性です。


茨城町にある、JA経営の「森のレストラン」で、新鮮な野菜をふんだんに
使った料理に舌鼓を打ちながら、しばし歓談。


「セッチャン<私のこと>、樹木に囲まれながら、丁寧に調理された
野菜料理を心行くまで食べられて、とても幸せね。都会にはこのような
レストランは無いわねぇ。客をきちんと覚えているのも感心ね!」


I馬君・志馬君兄弟の世話をしてくれるディーラーに、資料用のカタログ
を頂きに寄り、コーヒーとケーキをご馳走になりました。


「とてもおいしいわ。その上落ち着けるところね。時が経つのを忘れる程、
寛げるわ。」


いつも面倒をみてくれる営業マンのOさんは、おいしいパン屋さんまで
教えてくれました。さすが!アフターサービス顧客満足度7年連続首位。
このようなサービスも提供してくれます。


美しい人を紹介します②に続きます



成果の上がる勉強の仕方

つくばの進学塾「竹進」の塾長の渡部です。


三十数年、生徒に勉強を教えているが、成果の上がる勉強の
仕方は、ある。

しかし、薬のように飲めばたちまち頭が良くなるという方法はない。
天才でない限り、ある程度の勉強時間が必要だ。


一定の勉強時間を確保した上で、
①時間を意識して勉強する。


②きちんと理解した上で暗記する。


③定着しているかのチェックをまめにする。(その日の勉強の終わりに
次回のチェックテストを作っておくとよい。)


④暗記した上で演習を多くする。


⑤間違った問題がでてきたら、(1段階レベルアップするチャンスが
きたととらえて)必ず原因を考えて修正する。


細かい工夫は書き切れない位あるが、大筋上記のことを地道に
日々くり返すことが、上達の早道だ。