スタッフブログ

blog_main04

ぶんぶん運行中!

つくばの進学塾「竹進」の事務の村上です。


夏期講習、スタートしております。

今年もたくさんの生徒さんが受講してくださり、蝉の声をバックに、
熱心に講師の声に耳を傾ける姿が見られます。


夏期講習中は朝から夜まで授業数がとても多いので、
竹進バス3台も、各々のルートを毎日5往復、ぶんぶん運行中です。




ククククククッ

つくばの進学塾「竹進」の理科・英語担当の武内です。


季節が夏となり家の周りも自然の生き物でにぎやかになりました。
雨の日に聴こえるカエルの鳴き声や、朝日とともにさえずり始める
小鳥の声に耳を傾けているとやはり自然はいいなと思います。


先日そんな感じでカエルの鳴き声を聞いていると、
ケロケロケロ?クルクルクル?ククククククッ?


何か違う鳴き声。


変わったカエルか?と傍までいってみると聞こえてくるのは、
地面ではなく木の幹。目を凝らすと体長15cmくらいの鳥がいました。


次の瞬間、木の幹に向かってくちばしをククククククッ。
完全に騙されました。

キツツキが木をつつく音とカエルの鳴き声ってとても似てます。



国立科学博物館にて

つくばの進学塾「竹進」の塾長の渡部です。


先日、上野の国立科学博物館に行ってきた。


①ベルグマンの法則
 ニホンジカやイノシシなど同じ種であれば、寒い場所の方が、
体が大きくなるそうだ。以前にも聞いた事があったのだが
「ベルグマンの法則」というそうだ。


体重が大きい方が、熱の放散が少なくなるのが理由らしい。
これは、球の表面積が4πr二乗 なのと、球の体積が3分の4πr 二乗 
ということから、表面積の増え方が、体積(体重)の増え方に比べ
ゆるやかだと説明できる、などと考えてみた。


② ハブ
日本は大昔、大陸とつながっていた頃に、毒ヘビのハブが沖縄に
やってきたそうだ。鹿児島の南の、今のトカラ連島の所がつながって
いなかったので、ハブは九州にまではやってこれなかったとの
ことである。


その後、大陸と離れ、島々となり、独自の進化をとげ、
同じハブでも、体の色や大きさが様々になったとのことである。


③ アンモナイト
つくばの実験植物園の中の国立博物館で見たアンモナイトが、
直径50~60cm位あったので、アンモナイトは思ったよりもずっと
大きいと思っていたが、上野の国立博物館では、小さいアンモナイト
もあった。


また、直径120~150cm位のアンモナイトもあり、
びっくりした。学芸員の方に、時代によるのか環境によるのか
聞いてみると、分からないということであった。




つくばの進学塾「竹進」の副塾長の牧原です。


最近は、夜が比較的涼しく、いつかのとんでもない夏に比べると、
かなり過ごしやすいです。


数年前のとんでもなく暑い夏に肺炎を患い、入院しましたが、
今でも思い起こされるのが、わたしが入院する際にお世話に
なった医師のことです。


その年はいろいろ体調を崩していたので、いろいろな医師に
お世話になりました。その中には、私の申告から、とんでもない
病名の疑いをかける医師から、既往症を見過ごす医師まで、
まぁ、いろいろな方がいました。


そのなかで、私が入院する際にお世話になった医師は、「すごい」
の一言でした。


私のとぎれとぎれの申告と症状からすぐにどういう経過をたどった
か言い当て、即座に入院を決定し、私の命を救ってくれました
(というのも、私がこの医師に会っておらず、また入院しなかったら、
私はその日実家に帰省する予定だったので、酸素が薄くなる
可能性のある飛行機の中でとんでもない状態になっていたかも
しれないのです!!)


人の縁とはかようなもので、私はこの医師と縁があったことで
救われました。総合病院だったので、別の診察室に呼ばれていたら
...と今でも考えることがあります。


(ここで話が急展開しますが)私は竹進で皆様とご縁がありました
ので、今の充実した講師としての生活があるのだろうと思います。
その縁を大切にするためにも、ますます精進したいと考えております。


(せっかくご縁のあった高校3年生へ課題)
Recently it has been cool at night, so I’ve been enjoying much
more comfortable summer days than those terrible hot days …
につなげて、上の文を英訳しなさい。




竹進設備紹介⑤

つくばの進学塾「竹進」の事務主任の渡部です。


そろそろ梅雨明けでしょうか…連日暑くなってきましたね。


保護者・生徒の皆さんも、暑さによる熱中症にご注意ください。
水分と共に、塩分も摂取するようお心がけ下さい。


さて今回の設備紹介は、「メールdeあんしん」です。


竹進では、無断欠席・遅刻した生徒のご家庭へ、必ず電話連絡
を行っていますが、さらに6月から、生徒が入退室された時刻を
メールでお知らせする、「メールdeあんしん」というシステムを
導入しています。


生徒に事前に配布した名前・バーコードが記載されたカードを、
入退室の際にスキャンすれば、入退室確認メールが自動的に
送信されるシステムです。


下の写真は、バーコードをスキャンするバーコードリーダーです。


IMG_10741



へぇ~

つくばの進学塾「竹進」の事務の高木です。


最近テレビを見ていて、雑学などの知識を売りにしている芸能人が
多いな~とふと感じました。


芸能人が紹介していた雑学の中で、印象に残ったのがありました。

ボクシングを行うコートの事を「リング」といいますが、丸くなく四角い
形をしています。それはなぜか・・・


答えは、以前は現在のような枠のコートはなく、選手を囲む形で人
同士が手をつないでコートを作っていたので、丸かったことから
「リング」となったそうです。


うむ、うむ。へぇ~そうだったのか!

テレビは、たくさんの情報を与えてくれるものですね!




雨のやまかけ

つくばの進学塾「竹進」事務の奈良です。


梅雨ですね。

最近は以前の梅雨とは異なり、もはやスコールのようです。
昼に晴れていても、夕方・夜は雷雨のことも多いですよね・・・。


私は自転車通勤なので、雨が降るか降らないかは、その日一日の
事を決めるのに、かなり重要な事です。

できれば雨に降られたくないので、インターネットで降水確率や
雨雲レーダーを見、空の様子と空気の感じで、降るか降らないか
ヤマをかけます。


降ると思えばバス。降らないと思えば自転車。
たまに外れて、大雨のなかを自転車で帰ることも有りますが、
そんな時はもう笑うしかないのでした。


滝行のような効果があるのか、かえって晴々した気持ちになる事
すらあります。中高生は自転車通学の方も多いでしょうから、
共感していただけるでしょうか。


でも、雨に降られたあとは、必ずお風呂で温まって、風邪を引かない
よう気をつけましょうね(自戒)。



つくば 塾 進学塾 竹園進学教室