スタッフブログ

blog_main04

竹進設備紹介⑧

つくばの進学塾「竹進」の事務主任の渡部です。


寒さも厳しくなり、いよいよ冬の到来という感じですね。


さて竹進設備紹介も8回目ですが、今回は屋上の

太陽光発電機です。


屋上一面にパネルが敷設してあり、中々壮観ですw


IMG_10941


ドイツなどは、発電形式を2020年までに、再生可能

エネルギーに全面的に切り替えるそうですが、日本では

遅々として進みませんね…。






囲師必闕

つくばの進学塾「竹進」の理科・数学担当の石谷です。


読書の量がここ数年めっきり減ってしまいましたが、

休みの日に、好きなジャンルである中国の春秋・戦国時代

を扱った小説をたまに読んでいます。


一度読んだ本も2回目、3回目と読んでいくと、「こんなこと

書いてたのか」という新たな発見が毎回あります。

先日も読んでいた中で「囲師必闕」(いしひつけつ又はいし

ひっけつ)という言葉が出てきました。


これは軍隊()どうしの争いで相手をんだ時には、

敵軍の逃げ道を作っておくということですが、この言葉には

「逃げ道のない軍は必死に戦ってくるので、かえって自軍の

損害が多くならないように」という意味があります。


初めてこの言葉を目にしたときには、「難しい漢字だなと

思いつつ、昔の人は凄い事考えるな」と感心しました。


受験生のみなさんは、これからおおいに学習に力を入れる

時期ですが、睡眠・食事といった体調管理をしっかりして、

適度な息抜きも大事ですよ。




ほっとする話

つくばの進学塾「竹進」の事務主任の渡部です。


めっきり寒くなっていましたね。

新校舎になって、初めての冬がもうすぐです。


さてここでほっと温まる話を一つ。


先日小6のF君が、授業後に財布をなくしてしまった

のですが、その時とある青年が、なんと一緒に

塾周辺を探してくれたそうです。


結局財布は教室内で見つかり、事なきを得ましたが、

見ず知らずの少年を助けるとは、今時よくできた青年

だな、と感心しました(すっかりオジサン目線です^^;)


しかしこの話は続きがあり、それから一週間後、その

青年が塾にやってきて、F君と話をさせてくれないかと

言うのです。


恥ずかしながら一瞬警戒心を抱いた僕でしたが、

青年は、「F君は受験生と聞いたので、励ましの言葉を

かけたい。」と言うのです。


その時F君は授業中だと伝えると、青年はそれならばと、

わざわざ手書きでメッセージを書き残していきました。

そのメッセージは、F君への温かい激励の言葉でした。


聞けばその青年は筑波大の卒業生で、今はフリーターだ

そうですが、「本当に良くできた青年だ、日本もまだまだ

捨てたもんじゃない(完全オジサン目線w)!」と事務主任

は「ほっ」としたのでありました。




鍋はなんでもあり

つくばの進学塾「竹進」の塾長の渡部です。


だんだん寒くなってきた。鍋に熱かんがよく合う。


鍋はなんでもありで、普通のはくさい、ネギ、シイタケ、

豆腐、白身魚、サケが中心だ。


しかし私は、ギョウザやシューマイを入れてみたり、

高野豆腐や高菜を入れてみたりしている。


まさになんでもありなのだが、肉は入れない。

コレステロールが気になるからだ。







ごぼう茶

つくばの進学塾「竹進」の事務の高木です。


最近寒くなってきて、温かい飲み物を飲むことが多くなりました。

特に、私はお茶が好きです。そのことを知っている私の友人は、

旅行に行くと、お土産にお茶を買ってきてくれます。


以前、「ごぼう茶」をもらったのですが、味がごぼう・・・

当たり前なのですが。


しかも、こしょう入りです。

お茶としては飲めず、スープとしても飲めないと思いました。


しかし、最近、良い活用方法はないかと思っていると、ごぼう茶の

説明に「料理にも最適。から揚げの味付けにも使えます」と書いて

あったので、作ってみました!


一晩つけこみ、味がしみ込んだから揚げは、とても美味しかったです!

料理が苦手な方でも、簡単にできますので、ぜひ試してみて下さい!