スタッフブログ

blog_main04

いよいよ!

つくばの進学塾「竹進」の事務主任の渡部です。


ジメジメした日が続きますね。私渡部は先日、洗濯した服が

生乾きで、一枚一枚ファ〇リーズするはめになりました・・・。


さていよいよ竹進も夏期講習の外部生募集を開始しました!

皆様、僕のブログの直前の記事はごらんになったでしょうか?


 「夏期講習チラシ中5理科解答」「夏期講習チラシ中2数学解答」


おっと中身はまだ見ないでくださいwww


・・・?と思われた方もいるかもしれませんが、実はこれは、

夏期講習チラシに掲載されている問題の答えなのです^^


夏期講習チラシの問題本文はこちら>>>


みなさんは正解できましたでしょうか^^



夏期講習チラシ中2数学解答

【中2数学】答え:6

 

(解説)

Dx座標をdとすると、点Dy=上の点なので、

よって、-①

同様に、点Ex座標をeとすると、点Eは上の点なので、 

つまり点E( e , ) -②したがって、-③

四角形ODBEの面積は21なので、①③を使うと、

正方形OABCの面積=AOD+△COE+四角形ODBE=-④

④から正方形の1辺は6なので、②より 

これを解いてe =よって、点E(, 6 )

 

夏期講習説明会詳細はこちら>>>

 

他学年実施日程など詳細はこちら>>>


夏期講習チラシ小5理科解答

【小6理科】答え:ウ

 

(解説)

もちろん答えはウです。えっ!?ドライアイスって

二酸化炭素が固体になったのじゃないの?

その通りですが、二酸化炭素は固体から直接気体に

なる(昇華という)ので目には見えません。

低温のために周りの水蒸気が冷やされて水滴に

なって白い煙のように見えるのです。

 

日常で表現されていることは間違っていることが

たくさんあります。それを知るだけで点数に差が

出てしまいます。「やかんから水蒸気が上がって

いるのが見えるよ。」なんて言っている人、

気をつけましょうね。

 

夏期講習説明会詳細はこちら>>>

 

他学年実施日程など詳細はこちら>>>

 

4月のTOEIC

つくばの進学塾「竹進」の英語科の鈴木です。


4月に受けたTOEICの結果が返ってきました。

リスニング495点、リーディング475点、合計970点でした。


ネットでの講評の見ると、今回のテストはかなり難しかったみたいです。

いつも満点をとっているTOEIC講師も、今回は満点を逃していました。


でも僕は正直なところ、今回は満点が取れるんじゃないかという手ごたえ

があったんですよね。

終わった後も、間違ったところなんてないように思えましたし。

それだけにちょっと残念でした。


また今月に受けるので、そこでいい結果を出したいと思います。

意地で並んできました

つくばの進学塾「竹進」の塾長補佐の別府です。


鳥獣戯画展に行ってきました。


塾長は混雑ですごすご、と先日のブログにありましたが、

私は前売り券を買ってしまっていたため、意地で並んできました。

前期展示はGW中に行きましたが、甲巻でも確か70分待ち程度で

見られたので、後から思うと行列は短かったようです。

(近くで開催されていた大英博物館展が、「鳥獣戯画展のチケット

提示で100円引き」だったので、ついでに見てくるという余裕までありました。)


後期展示は最終週に行ったら甲巻だけで170分待ちだったので、

甲巻はあきらめ、他の巻を見てよしとしました。

もし見ていたら、現存する鳥獣戯画をコンプリートできたはずだったのですが。。。

でも、一緒に行った主人が「170分は勘弁して、図録買ってやるから帰ろう」と

言ってくれたもので、その話に乗りました。


図録2700円なので、むしろ得した気分です。主人にしてみれば、

車を出させられ、特に興味のない展示につきあわされ、人ごみにもまれ、

揚句に3000円の出費(別売り300円の、図録を入れる兎の絵入りバッグも

買わされたため)、、、大変気の毒ではあります。


帰りに鳥獣戯画トランプを買って帰りました。売店も、混雑日のディズニーランド

のように並びましたよ。トランプを全部並べると鳥獣戯画甲巻が完成します。

写真に撮ってみましたが、見えるでしょうか?


IMG_11


個人的に好きなのは、鼻をつまんで飛び込む兎です。なんと愛らしいのでしょう!

右上です。


IMG_22


おそらく一番人気はこの部分?この部分が見たくて皆さんお並びなのでしょうね。


IMG_33

あかいまあるいものなんだ?

つくばの塾「竹進」の事務の高木です。


今年の社員旅行は、福島県いわき市と茨城北部に行ってきました。

二日目の水戸偕楽園のツツジは見ごろで、とてもきれいで、

何と言っても迫力がありました!


私にとってツツジは、主に葉っぱの間に所々ツツジの花が咲いている

イメージがありました。

ところが、偕楽園のツツジは、葉っぱが全くないのでは!

と思ってしまうくらい、花だらけのツツジだったんです。


しかも、よく道端で見かけるような腰あたりくらいの大きさのツツジ

ではなく、人間の身長よりも大きいツツジに思わず、面白い写真を

撮りたくなってしまいましたね!


そして職員一同、ツツジに癒されていました。


DSC029831



DSC029841

国立歴史民俗博物館②

つくばの進学塾「竹進」の塾長の渡部です。


国立歴史民俗博物館①の続きです


歴博で質問した事。

①『ブタの頭骨からブタが歯周病にかかっていた。

つまり、人がエサを与えていた証拠だ。』との展示があったが、

人がエサを与えたブタは歯周病にかかるのか?


②石包丁に穴が2つあいてるのはひもを通すためか。


③底部を穿孔した土師器の壺は何に使ったのか。


④銅鏡で三神三獣とあるが、三神や三獣は鏡の中のどれで、

具体的には何を表しているのか。 など。


歴博のある佐倉市は、文化の高い街だと思った。

佐倉城址公園を歩いていると、草木に名前の札がついている。

さらにいくつかの木には、プレートがついている。

それには花、葉、実の絵がかいていて、その木の特徴、使われ方、

実はどんな鳥が食べるのかが、書かれている。


これがヒントになって、答えはプレートをめくるとわかるように

なっている。子供達に親しんでもらおうという意図を感じた。

子供を大切にする文化の高さを感じた。


国立歴史民俗博物館①

つくばの進学塾「竹進」の塾長の渡部です。


先日、佐倉市の国立歴史民俗博物館(歴博)に行ってきた。

展示室は、第1から第6まであるのだが、4時間位かけても第1、

第2展示室しか廻れない。

それ位規模が大きい。


中世の洛中洛外図屏風と、京都の再現模型があった。

軒先に旧形状のものを飾っている家があったので、学芸員さんに

質問すると、酒屋で新酒が、できあがったことを知らせる杉玉

だとのことであった。

現代でも飾っている造り酒屋が、あるとのことであった。


歴博では、学芸員さんが多い。

ちょっとした事でも疑問に思うとどんどん質問する。

人に教える仕事をしていると、人から教えてもらう経験は、

とても貴重で新鮮だ。

質問した学芸員さんは、とても親切に教えてくれる。


私達も、生徒に質問されるととてもうれしいのだが、学芸員さん

も質問されるととてもうれしそうに話してくれる。

知識が増えるだけでなく、心がほっこりする。


国立歴史民俗博物館②に続きます