スタッフブログ

blog_main05

「URUSHI」

つくばの進学塾「竹進」の塾長補佐の別府です。


 「URUSHI」展に行ってきました。
国立歴史民俗博物館で開催されていたもので、現在は終了しています。
本当はもっと長いタイトルでした。もちろん漆(うるし)関連の展示です。

写真は入口に飾られていた、「含漆(がんしつ)UV塗装」されたスマート。


image1



image2


鮮やかさも、こっくりとした深みも両方味わえる不思議色合いでした。
運転したいとは、畏れ多くて言えませんけど・・・幾らするのでしょう?


現代の技術を紹介するコーナーがあり、目を引きました。
名画のデータを取り込み、「インクジェット蒔絵(まきえ)」で再現、

拡大・縮小も可能。
驚きの細密さでした。印刷できてしまうなんて!進化していますね。
「インクジェット」と「蒔絵」という、言葉の取り合わせも素敵です。


伝統工芸は昔ながらのやりかたでないと、という思い込みがありましたが、
進歩するってすばらしい、と素直に感じた展覧会でした。