スタッフブログ

blog_main05

「自分を知る」②

つくばの進学塾「竹進」の英語・数学担当の平出です。


「自分を知る」①の続きです

前回に引き続き、「自分を知る」でお送りします。


さて、前回「さあ才能に目覚めよう」という本のタイトルだけご紹介しました。

本の内容としては、「人生を成功させている人は、自分の強みを最大限に

いかしている人だ」という主張の下、人間の強みの元となる「資質」を

34個に分類し、その資質について解説しているというものです。


本を購入すると、資質の発見の仕方として、「ストレングスファインダー」

というツールを使うことができます。

(本を購入しなくても、ネットでこのツールを使用可能です。ただし有料です)

177問の質問に答えることで34種類の資質の中から自分を特徴づけるTOP5の

資質を知ることが出来る診断です。

答える質問は多いのですが、その分精度の高い診断が返ってきます。


ストレングスファインダ―で明らかになった5つの資質を、これまで自分は

どう生かして「強み」と呼べるまでに至ったのかを考えることで、未来に

どう生かしていけるのかを見つけることができます。


ちなみに私のTOP5の資質は

「適応性」「親密性」「最上志向」「回復志向」「調和性」でした。

ざっくりとまとめると目標をもって計画的に行動するよりも、その場での

臨機応変さが必要な仕事が得意で、悪いものを良くしたい、仲間外れは

作りたくないと思うタイプのようです。


みなさまもお時間があるときにお試しください。


それでは。


kara_waru_man

「自分を知る」①

つくばの進学塾「竹進」の英語・数学担当の平出です。

              

今日のテーマは「自分を知る」でお送りしたいと思います。

皆さんは、自分の性格や長所や短所を把握していますか?

私は自分の長所を見つけるのが苦手で、就職活動の際は非常に苦労しました。

(短所はいっぱい見つかるのに…)


しかし、社会で生きていくには、ある程度自分のことを分析出来ていると

とても役立ちます。

例えば、自分の得意なことが分かっていると、それを生かして今、

目の前にある問題を解決してくにはどうすればいいかを考えることができます。

また逆に、苦手なことが分かっていると、それを克服したり、

それが得意な人に任せてしまったりすることもできます。


そして自分のことだけではなく、周りの人の長所や短所を知っていると

さらによいですよね!

お互いを知らないために起こり得る問題が格段に減ります。

先ほどの例にもあるように、自分の苦手なことを得意な人に任せることが

できるようになりますし、その逆も然りです。


このように、人間関係を円滑にするためにも、自分を知り、周りの人の

ことを知るのは非常に重要です。


そこで自分の強みを知るためにおススメの本を紹介します。

私が前職で仕事がうまくいかなかった時期に読んで、

非常に勇気づけられた本です。


タイトルは「さあ才能に目覚めよう」という本です。


長くなるので、詳しい話は次回のブログで行いたいと思います。

気になる方は調べてみてください!


それでは。


「自分を知る」②に続きます


kara_waru_man



ものの整理

つくばの進学塾「竹進」の数学・理科・算数担当の田口です。


今回は整理整頓について話してみましょう。

整理整頓は完璧だという人は見なくていいですよ?

(っていうと見たりするようですが)


そもそも、整理と整頓はちがうということは知っていますよね?

整理は捨てること。整頓はモノをまとめることを意味しています。

ビジネスにおいても4S・5Sなんて言ったりしますね。


昔、テスト勉強するときに自分の部屋や机の上を整理整頓し始めて

なかなか勉強がはじまらない私でした。

皆さんもいらっしゃるかと思いますが。


整理整頓ができる人は仕事ができる人です。

(私ができるとは言ってません。。)

机上を見ればだいたいわかります。

そして、カバンの中がきれいな生徒も勉強ができる子にいつかなります。

探す時間が無駄だからや、その重要性に気付けるからというのが

理由でしょうか。


だから、1つ提案としては科目ごとにクリアファイルを用意してみたら

どうかと思います。

そしてもう1つは保護者に渡す用のクリアファイル。

これである程度の管理ができると思います。


是非、皆さんもこの機会にきれいなカバンの中を目指してみませんか。


work_desk_kirei