スタッフブログ

blog_main02

寒くなってきましたね

つくばの進学塾「竹進」の英語科の鈴木です。


タイトルのとおり、最近になって空気がひんやりした日が

増えてきました。

季節の変わり目は体調を崩しやすいので、お互い気をつけましょう!


さて、夏と冬とではどちらが好きかと聞かれたとき、僕は迷わず冬と答えます。

僕が生まれたのは雪の降る寒い日だったそうで、それが関係しているのかも

しれませんが、本当の理由は、僕がかなりの暑がりだからです。

社会科の山口先生もやはり冬の方が好きだそうで、「寒かったら服を着ればいい

けれども、暑いときに皮を脱ぐことはできないからね」とおっしゃっていました。


同感です。僕もよく夏に「皮を脱ぎたい」と思うのですが……

まあね、できないよね。


とにかく暑苦しい夏が過ぎ去り、季節は秋となりました。

涼しいし、おいしいものはたくさんあるしで、この季節はかなり好きです。

カキフライを死ぬほど食べてみたい。


思うことを勢いでだけで書きましたが、今回はこれで終わり!


kaki[1]

DIC川村記念美術館

つくばの進学塾「竹進」の塾長補佐の別府です。


先日、レオナール・フジタの展覧会を見に、DIC川村記念美術館に行ってきました。

この美術館は、千葉県佐倉市にあります。

友人おすすめの美術館で、いつか行こうと思っていました。


フジタは先月から始まっていたのですが、訪問はこの長雨で延び延びに。

庭園も素敵だとのことで、晴れた日を狙っていたので。。。
この庭園が、広く、白鳥もいたりして、とても気持ちよく歩けました。
「自然散策路」というらしいのですが、自然に近い雰囲気の林と、

季節の植栽のある散歩道とあり、飽きずに過ごせます。


同じ佐倉市に、国立歴史民俗博物館もあります。
こちらは、生徒さんからも「行った!」という声をよく聞きます。
常設展が広く見どころも多く、1日では回り切れないような博物館では

ありますが、近くですから、博物館に行った際には、美術館にも少し足を延ばして

みてはいかがでしょうか?


 庭園です。ほぼ林

de-ta1



美術館。愛らしい形です

de-ta2

評価テスト

つくばの進学塾「竹進」の国語担当稲川です。


10月の評価テストがはじまりました。

※評価テストは、年に7~8回、月初めに行う塾内(クラス内)テストです。


授業後の生徒たちの話題はやはりテストの出来具合。

思ったよりできた!と前向きな子がいる一方で、できなかった問題の数を

数えて不安を口にする子も多いようです。


心の持ち方としては前者が好ましいようにも感じますが、その後

「できた気になって」レポートの直しで手を抜いてしまったり、

「この科目は苦手だしこれくらいでいいか…」とあきらめてしまったり

では、双方せっかくの「情報」が生かせていません。


今の自分に必要な勉強が、テストの点数や手ごたえで見えたところでしょう?

早速、直しに取り組み、100点満点にしておきましょう。

職場復帰!

つくばの進学塾「竹進」の事務の村上です。


 第2子出産の後、育休をいただいておりましたが、

おかげさまで下の子も元気に1歳になり、

また少しずつ仕事に戻らせていただくことになりました。

至らぬ点等あるかと思いますが、

保護者の皆様・生徒の皆さんのお役に立てるよう努めてまいりますので、

どうぞよろしくお願い申し上げます。


ところで話は変わりますが、竹進では、

「自分のスリッパを持って来てねー!」というお願いを

先日来 改めてしておりました。


大変お手数をおかけして恐縮ではありますが、ご協力をいただき、

自分のスリッパを持ってきてくれる生徒さんが増えたように感じます。


ただ、人間どうしても忘れてしまうことはあると思います。

館内には靴下で入っていただいて差し支えありませんが、

トイレ用のスリッパも用意してありますので、

必要な時は声をかけてくださいね。

お客様アンケートを踏まえた、改善内容のご案内

■■■■■お客様アンケートを踏まえた改善内容のご案内■■■■■

残暑厳しい9月から、一気に爽やかな風とともに秋色が濃くなってまいりました。

皆様にはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 
この度竹園進学教室では、皆様のご意見を基にサービスの品質向上を行う為に、
お客様アンケートを実施させて頂きました。
 
ご協力頂いた皆様、誠にありがとうございました。
 
 
つきましては、アンケート結果を踏まえ竹園進学教室としてまとめた改善策を
ご報告させて頂きます。
※現在改善策を検討中のものもございますので、順次ご報告させて頂きます。
 
—————————————————————————————————
■お客様の声①

塾で、しっかり取り組めているか、無理をしていないか、目標を見失っていないか等

気になります。学校のように参観日があるわけではないので、本人と先生方を信じ送迎

しています。何か変わった様子や、自宅で気をつけた方がよいことなどのアドバイスが

ありましたら教えてください。時々頂く電話は、大変うれしく思っております。継続して下さい。


■当塾の改善内容

毎回何か変わったことがあれば、報告するよう全講師に通達致しました。

自宅で気を付けるポイントに関しては、塾長補佐(別府)がご対応させて頂きます。

受験も近くなってきましたので、より一層注視して指導いたします。


また何かご要望あればお気軽にお申し出ください。

電話かけは今後も可能な限り継続いたします。

 

—————————————————————————————————

■お客様の声②

送迎時の塾前の混雑の対応。近くに駐車できる場所があればありがたいです。


■当塾の改善内容

駐車場に関しましては、多数のご意見・ご要望をいただいておりますが、

現状物理的に解決が困難なこともあり、ご迷惑をおかけしております。


なるべく早く解決出来るように、改善案を継続的に検討しております。

ご理解承りますよう、宜しくお願い致します。


—————————————————————————————————

■お客様の声③

積極的に先生に質問できないので、わからなくてもそのままにしてしまう。

「大丈夫?」「わかった?」の問いかけだと「大丈夫です。」「わかりました。」

と答えるので、より具体的によりそった問いかけをして欲しい。


■当塾の改善内容

全講師に問いかけの仕方やタイミング等を共有させて頂きました。

当塾としても、希望校に合格して頂く事が目標ですので、

理解しないままにしておく事は出来ません。


授業中の演習での問いかけはもちろん、演習後再度の理解を促す為、もう一度

ポイントを丁寧に説明します。また面談もご活用頂き、生徒によりそった指導を

行っていきます。


—————————————————————————————————



まだ発表出来ていない保護者様からの貴重なご意見についての改善策は

今後定期的にこのような形でご報告させて頂きます。


何かお気づきの点がございましたら、お気軽にご連絡下さい。

今後とも竹園進学教室を宜しくお願い致します。

イマジュリー

つくばの進学塾「竹進」の理科・英語担当の武内です。


少しずつ秋っぽくなってきたかな?

秋といえば、芸術の秋!ってことで、茨城県近代美術館に行ってきました。

企画展は「乙女デザイン-大正イマジュリーの世界」。


うーんちょっと敷居が高いかな?でも、秋だしな。

ということでチャレンジ。


イマジュリーとは「イメージ図像」を意味するフランス語だそうな。

大丈夫かなあ?しかし、中に入ってみるとそこには大正時代の雑誌の表紙や

挿絵・ポスター・広告・まんがを描いたかわいらしい図像。

竹久夢二やそのほかの作者(知らない人ばかりでしたが)の見事な作品が

並んでいました。


イマジェリー


芸術って、派手な作品や有名な作品ばかりでなく、さりげなく商業デザイン

・イラストレーションの中にも隠れているんだな!

とちょっとした発見をさせてもらったようでうれしい気分になりました。

今年の秋は何かアートの「レベル高い系」になれたかも?な-んてね。

追い風、向かい風は、人生の運、不運

つくばの進学塾「竹進」の塾長の渡部です。


極力、車に乗るのをやめて、自転車に乗っている。

自転車に乗り始めて気がついた事がいくつかある。


まず風である。自転車で強い向かい風だと本当にきつい。

追い風だと思った以上に楽だ。

筑波山まで往復するが、行きがとても楽なとき、ハッと気がついた。

今は追い風なんだと。


追い風、向かい風は、人生の運、不運と似ている。

追い風のとき(運の良いとき)は、それが当たり前と思い感謝を

忘れている。

向かい風になって初めて、自分の不運を嘆くが、本当は普通と思って

いるときが幸運のときなのだ。感謝を忘れてはいけない。


yjimage


まだまだ暑いのに、もう稲刈りが始まっていた。

コンバインで稲刈りしているのをしばし眺めていた。

見事なものである。

稲刈りし、自動的にもみ殻の状態になってそのままトラックに

風で飛ばして、収穫していた。


休憩中のお百姓さんに少し話を聞いた。

持って帰って乾燥させると明日には新米で食べられるそうである。

歴史で石包丁とか干歯こき、備中ぐわの話をしているので、

日進月歩の技術に驚いた。

鼓童

つくばの進学塾「竹進」の事務主任の渡部です。


先日(といってももう2ヵ月以上前ですが^^;)、塾長と、

鼓童というグループの太鼓の演奏を聴いてきました。

正直体調不良もあって、演奏が始まって直後はウトウト笑

しかし段々と惹きこまれ、クライマックスで、直径150cm

以上はゆうにあろうかという和太鼓を、10分以上打ち続ける

場面ではさすがに興奮しました。


まさに自分の鼓動に、太鼓の鼓動が「ズシン!!!」と

くる感じ。 地鳴りのように響きました^^


演出も西洋のドラムやシンバルなどを組み込んでいて、賛否

両論あるでしょうが、個人的には面白かったですね。



omatsuri_taiko