職員室だより(スタッフブログ)
武内
2022.07.15

理科のデジタルコンテンツについて

つくば市の進学塾「竹園進学教室」の武内です。

 

現在、理科では様々なデジタルコンテンツを用いて、タブレット、電子黒板、

インターネットクラウドをフル活用した授業を展開しています。

 

授業ではロイロノートを用いたカード形式の問題演習、これは問題をカードで

投げて生徒が解答し、それを講師が丸付けをして返すということを繰り返す

授業形式です。

 

ロイロノート詳細はこちら>>>

 

今まで見逃してしまっていた生徒の弱点や、細かい間違えなどを拾うことができ、

成績アップのカギになると考えています。

また、生徒はこれらの採点されたカードを受け取り、自分の資料箱の中で整理する

ことができるので、後で復習、見返しを行うのにも役立つと考えられます。

生徒さんによっては、自分で工夫をしながら、きれいにまとめている人もいます。

 

理科では、その他に、dougapocketを用いた動画を視聴するデジタルコンテンツも

用いています。これは生物や実験など、実際に目で見て理解できるものになっており、

生徒さんはこちらが思うよりもしっかりと動画を視聴し、後の勉強に役立てています。

 

dougapocket詳細はこちら>>>

 

また、dougapocketに付属している問題をレポートとして行わせています。

授業は1か月の期限はありますが、授業ごとにZoomで録画配信されるため、

休んでしまった場合でも、また、後で忘れてしまったところを見直したい場合でも、

改めて視聴することが可能です。

 

今後も、デジタルコンテンツを活用し、より有意義な授業を構成していきます。