職員室だより(スタッフブログ)
塾長 牧原
2022.06.21

英語科の取り組みの趣旨につきまして

つくば市の進学塾「竹園進学教室」塾長の牧原です。

 

英語改革が始まり、「英語格差」が大きくなりました。

英語は科目の性質が変わり「知らない間に英語が苦手になった」生徒さんが多いですが、

当塾では改革の1年前から準備しておりましたので、移行がスムーズでした。

 

これをご覧の皆様は、まず、英語は従来の「中学英語」ではなくなりましたので、

そこをしっかりと認識され、英語の勉強に対する意識を変えて頂きたいと思います。

(内容がちょっとプラスされたのではなく、科目の性質自体が大幅に変わりました)

 

英語科では、もちろん入試に対応する力をつけることが主眼ではございますが、

英語改革が本格的に始まりましたので、本当に英語を使う場合に必要となる技能を、

デジタルディバイスを駆使して、身につくようにしております。

 

ロイロノートの導入により、レポート(宿題)をタイプで入力することが

できるようになりました。

 

わたしが若いころに受験していたTOEFLですら、すでにCBTでしたので(今はiBTです)、

このテスト環境だけでも日本は世界に相当に後れを取っています。

将来英語を使う場合、まずは速い速度で英語をタイプできないと、支障がでてきます。

そこでなるべく多くの機会に、タイプで提出するレポートを課しています。

 

さらにロイロでは、「話す」力も鍛えることができます。

上記のタイプで作成したレポートを生徒さんには音読して頂き、それを録音して提出する

ようにしております。英語を話す機会がない日本では、すこしでも英語を口にする機会を

持つことが重要です。

 

上記のレポートの結果、生徒さんの能動的な技能は格段に向上しました。

頑張った生徒さんと今まで通りにやってきた生徒さんの間で、今までにない差が

生じるのが現在の中学英語です。受験の英語を制覇することが塾での勉強の主眼ですが、

生徒さんは本当に使える英語の基礎を身に着けています。

 

英語科では、受験勉強を主眼にしつつも、本当に使える英語力の基礎を育てるために、

ロイロノートを駆使しております。ぜひ当塾で受験勉強をしながら、能動的な英語力を

身に着けられるよう、願っております。