スタッフブログ

blog_main04

純ジャパでも、一生懸命やれば英語はできるようになる!

つくばの進学塾「竹進」の英語科の鈴木です。


先週の13日にTOEICを受けてきました。とても久々の受験です。

最後に受けたのはたしか19歳のときだったと思います。

当時の僕は英語をものすごく一生懸命やっていて、TOEICの
公式テストは最高で980点取れたこともありました。


そういえば英検1級に合格したのも19歳のときでした。

僕のような純正ジャパニーズ(略して「純ジャパ」と呼ばれる
海外経験のない日本人のこと)でも、一生懸命やれば
留学しなくたって英語はできるようになるんだと、自信を
持てるようになった歳でもありました。


今回、久々のTOEICにあたり、空いた時間には勉強を
心がけました。
ときどき英語をがんばっていた頃の記憶がよみがえってきて、
懐かしい気持ちにもなったりしました。


肝心の手ごたえはというと、それほどないのです!汗

しかし5月にもまた受けるので、そこで自己ベストを更新したいな
と考えております。


がんばるぞー!




思わぬイテテ

つくばの進学塾「竹進」の塾長の渡部です。


既にお伝えしていますが、雨の後の泥汚れがひどいので、
5月連休明けから、校舎内では上履きに履きかえて
もらうことにしました。


そのためシューズケースを購入することにしましたが、
数十万かかることが分かり、思わぬ出費でイテテです。


美観と清潔を保つための投資と考えることにしました。

皆様にはお手間をかけますが、ご協力お願いいたします。




感無量

つくばの進学塾「竹進」の塾長の渡部です。


駐車場ができて、生徒のお迎えや事務への用事で、
駐車場に車が停まっているのを見ると、感無量です。


新校舎が建つ前は、路上に駐車し、渋滞を起こし、
近所の方々にご迷惑をかけていました。


何度もクレームを頂き、その度に平謝りでした。
時には、手厳しい言葉をかけられたこともありました。


もうそんな事はなくてホッとしています。




竹進設備紹介③

つくばの進学塾「竹進」の事務主任の渡部です。


桜はすっかり散ってしまいましたが、梅は
ちょうど満開ですね。
(梅の花と思っていたのは、別の花でした・・・。
事務主任の勘違いです。
ですがあえて修正せずこのままにします^^;)


桜も美しいですが、梅も渋い味わいというか、
深みのある美しさだと思います^^


さて今回は竹進設備紹介の第三弾です。


おもに外部生の方用の簡易掲示板です↓
季節ごとのイベントチラシや、合格実績・リーフレット
などが見れます。


IMG_10201


いわずと知れた?竹進のロゴ入り看板↓
最新LEDを使用しており、明るいのに環境にも優しいのです^^


差し替え写真④


入り口にある銀色の竹進の金属板と、事務がお休みの日でも
レポート(宿題)が出せるレポートポストです↓


IMG_10451


今日はこの辺で・・・。
次回からは、いよいよ内装のご紹介をしていきます!




気胸で苦境にΣ(゜Ⅱ゜;)

つくばの進学塾「竹進」の算数・数学担当の山沢です。


3月中頃、突然、左上半身が痛み出したので医者に
診てもらったところ、「キキョウですね」と言われた。

真っ先に思い浮かんだ感想は、
「何かジャパネスクなのキタ!・・・で何ソレ?」


気胸。私の中の認識では肺に何らかの原因で
小さな穴が開いて、そこから肺の中の空気が漏れ
、肺が収縮してしまう病気。多分。


認識があやふやなのは、そのあたりはボンヤリ聞いて、
「じゃあ、どうすれば治るの?」ばかり気にしていたから。

医者の話では、「特効薬はない。手術をして、肺の外に出た
空気を体外に排出すれば治ります」とのこと。


「手術Σ(゜Ⅱ゜;)ちょっと急には・・・」ということでしばらく
様子をみることに。


とりあえず、父に報告。

父の話では、伯父も気胸にかかったことがあるのだとか。
若い頃に患い、中年になっていつの間にか治った、とのこと。


そんなに長いのかー↓と少し気持ちも重くなりました。


そして現在。なんか治った(・ω・+)




「白虎隊なんて知らないよ!」なんて言わないでね!

つくばの進学塾「竹進」の社会科主任の山口です。


「飯沼さんは、生きのこったことでまわりから批判されることも多く、
さぞかし、生きづらかったことでしょう。」


「会津戦争のとき、飯盛山で自刃した20人の白虎隊士中、
唯一人蘇生した飯沼少年は、成人後に逓信省のお役人として
余生を全うされたそうですが、どのような思いで生きていらっしゃった
のでしょうね?」  



この私の問いに、鶴ヶ城のガイドさんが、上記のように回答して
下さいました。


会津戦争や白虎隊の悲劇を全く知らない若者が多くなっています。
同年代の生徒達は、ゲーム・スポーツ・受験勉強に暇がありません。  

しかし、白虎隊の少年達は、無念の思いを胸に、会津藩と、

運命を共にし、散っていきました。
遊びも学問も、そして恋もしたかったでしょう!  


内戦は絶対にしてはいけません。歴史を覆すことは不可能ですが、
回避する方法はなかったものでしょうか。


年少を以て、除隊をしたものの、白虎隊の中からは、山川健次郎氏
のように、物理学者・東大・京大などの総長として、輝かしい業績を
のこした人物も輩出していますが、前途を期待された多くの逸材を
失ってしまいました。至極残念なことです。  


大型連休も間近になりました。
竹進の社員旅行は、会津藩の壮絶で過酷な運命を辿る旅と
なりそうです。


泉下に在る白虎隊の皆さん、若い人たちをいつまでも見守って下さいね。


CCF201404081


CCF201404082


CCF201404084




数学っていらない?③

つくばの進学塾「竹進」の数学・英語担当の西山です。

数学っていらない?②の続きです。


少なくとも、逃げてはいけません。
逃げても逃げ切れるものではないからです。

入試本番は確実に着実にやってくるのです。
だから、立ち向かうのです。


なにもせず、おろおろしていても、何も改善しません。
全く前進しません。たとえ1歩でも、前に進むのです。
できない自分に直面して傷つくことをおそれていては、
何も始まりません。


生まれて初めてつかまり立ちができるようになったとき、
生まれて初めて自転車に乗れるようになったとき、こけること、
ケガをすること、痛い思いをすることを恐れてはいなかった
はずです。

それを乗り越えてきたあなたであれば、きっとできます。

ただし、いきなり、突然に、いつも100点を取るような人に
なろうと欲を出すと、無力感に襲われることでしょう。

伸びる奥義は、「1歩」前進だけを目標とすることです。
そして、「1歩」前進したら喜びましょう。

0が1になるのは、すごく大変なことなので、たとえ1歩でも
喜ぶべきことなのです。

そういうふうに足元だけを見て着実に前進すると楽です。
効果も出やすくなります。あせる必要はありません。 


数学は、1年、2年、3年と、螺旋階段を上るように
、同じ分野がめぐってくるように設定されています。
だから、2年生でも3年生でも、今、学校で授業がなされる
分野から着手しましょう。

前の学年に戻って勉強し直す方法もありますが、そういうことが
できるのであれば、そもそも数学嫌いにはなっていないはずです。


今習っている分野をなんとか理解しようとがんばりながら、
同時に、螺旋階段の下にあたる部分も復習していくことで、
効率よく勉強を進めることができます。


こなすべき量は当然に増えるので、必要な勉強時間は増えます。
そこは覚悟して、腹をくくって取り組むのみです。

 
具体的にどうすればいいかは、状況などによって異なります。

なんとかしたいという気持ちが起きたなら、ためらわずに
数学の講師に相談しましょう。

「なんとか前進したい。」その気持ちを持って来てください。
全力で対応します。




数学っていらない?②

つくばの進学塾「竹進」の数学・英語担当の西山です。

数学っていらない?①の続きです。


と、高尚なことを書いてみましたが、、、おそらく、冒頭の発言を
するような人には、まったく響きません。


なぜなら、本心からそう思っているのではなく、単に数学の勉強から
逃げたいために、数学の成績を気にしなくて済むようになりたい
ために、逃げる自分を正当化する理由として見つけた言い訳に
すぎないからです。


使わないから勉強しなくていい、という一見正当に見える主張は、
今自分がしたいこと、本当になりたい姿・希望を覆い隠している
だけの、自分自身さえ欺こうとする、哀れな逃避です。


どうせ100年後には死んでいるのだから、食事をとらなくてもいい、
もう息をしなくてもいい、という主張に似ています。


食べたいから食べる、生きたいから生きるのです。


本当は数学ができるようになって、いい気分になりたいのに
それができないから、言い訳を作ってトレーニングから逃げてしまう。 


言い訳ですべて解決するのであれば、そういう生き方も否定は
しません。
本人も家族も納得の上であれば、何も言うことはありません。
すべて解決するのであれば、です。


何をしても、何もしなくても、高校入試の本番の日は、どんどん
迫ってきます。さらに先には、大学入試の本番の日も迫ってきます。


行きたい高校、大学に行くためには、数学の勉強は不可欠です。
この点では、近い将来に、数学が必要なのです。
避けることはできません。
 

だったら、どうすればいいのか。
苦手である人は、どう対処すべきなのか。


数学っていらない?③に続きます




数学っていらない?①

つくばの進学塾「竹進」の数学・英語担当の西山です。


「数学なんて、社会に出たら不要なんだから習うだけムダ!」
なんて言う人がいます。あなたはどうでしょう? 


そのような質問に対し、数学が実際に応用されている具体例を
挙げて、役に立っていること、すごい富豪になった人もいること
を示す人もいますが、わたしは、そういう答え方はしません。 


数学にしろ、理科にしろ、国語、英語、社会その他の科目にしろ、
いずれもあなたの頭をトレーニングするという点で変わりは
ありません。科目は違っても、使い、鍛えるのは1個の同じ頭です。
科目ごとに頭を取り替えるわけではありません。


いろんな科目を学ぶことで、いろんな角度からあなたの頭が
鍛えられ、よりよい判断やより正確で迅速な処理ができるように
なっていきます。


数学では抽象的な概念を学び、その操作も学びますが、
こうした頭の使い方を具体的な物の世界だけでトレーニングする
ことは困難です。


数学を学び、抽象的な概念を抽象的なままで思考する
トレーニングを経ることにより、具体的な事象を離れて
抽象化・一般化した問題設定をすることができるようになり、
より高度な思考、より根本的解決を目指した思考ができる
ようになります。


ネズミに数学を学ばせるのは無理ですよね。

ヒト以外の動物は、具体的な物の世界の中だけで生き、具体的な
物に関する思考(もしあれば)しかできません。

ヒトとして成長するために、数学のトレーニングは欠かせない、
という言い方もすることができるのです。


数学っていらない?②に続きます




予想以上に・・・

つくばの進学塾「竹進」の塾長の渡部です。


新校舎が完成し、授業を開始して1ヶ月。
駐車場も完成し、混雑もかなり緩和されました。


けれども以前と同じように土足にした結果、
予想以上に新校舎の汚れが激しく、どうしたものか・・・。


校舎を清潔に保ち、快適に授業を受けてもらう為に、
しばらくは泥がたくさん付いた靴には、靴カバーを
生徒に渡して、汚れをできるだけ防ぐ予定です。


ただ根本的な解決にはなりませんので、近日中
に、なんらかの対策をしなければならないでしょう。


皆様には、決まり次第追ってご連絡します。




1 / 212